2019年09月17日

「ロケットマン」20190916(少しネタバレあります)

ロケットマン.jpg

9/16 エルトン・ジョンの半生を描いた「ロケットマン」を観てきた。

僕がエルトン・ジョンの曲と出会ったのは、昭和48年11月4日付けのチャート。ラジオ関東の「全米トップ40」に「Goodbye Yellow Brick Roard」が62位から40位に初登場した時だった。歌謡曲しか知らなかった僕に、同級生の女子が、ビートルズを教えてくれ、「全米トップ40」も知り、聞き始めて2週目のことだった。歌詞の内容はわからなかったけれど、「Blues…Ah…ahahah」と歌う時のファルセットのコーラスに、うっとりした思い出がある。中学2年のこと。僕はそれからずっとエルトンのファンである。

エルトンの低迷期は、リアルタイムで知っている。作詞をずっと担当してきたバーニー・トーピンと離れたことから始まった。暗い曲が増え、つまらなく感じた時期。映画の中でも表現されているが、孤独で誰のことも信じれなくなった時期だ。エルトンは急にスターダムにのし上がってしまい、周りの期待を背負って生きていた。また同時に自分がゲイであることもしっかりと自覚していたが、母親にそのことを話したとき、そんなことはとっくに知っていたと言いながら、誰にも言わないようにエルトンに口止めした。母親がどういう気持ちで言ったかはわからないが、一番自分らしくしたいところを止められたのは、辛かったのだと思う。

全編、エルトンの素晴らしい音楽がちりばめられているが、内面的で、心を締め付けるような歌詞が多い。ずっとそばで歌詞を書いていたバーニー・トーピンが当て書きをしていたのかもしれない。大スターであることとゲイであることの狭間で苦しみ、薬物やセックスに溺れていき、孤独感が増していくところは、とても辛かった。

僕がゲイであることを隠して生きている時代に抱いていた感情と重なった。そのときは苦しいなんて感じてはいなかったのだけれど、真綿で首を締められるように、ジワリと心が荒んでいっていた。一時の快楽だけを求めて、将来の展望がなかった時代。今はその時代があったからこそ、同性婚訴訟の原告をしようと思ったわけだし、悔いてはいないけれど、もしも中学生の頃に同性婚があったら、生き方が違っていただろうと思う。

今はエルトンも男性と結婚をしている。子どももいる。やっと自分を偽らない生き方ができているのだろう。この映画でエルトンは製作総指揮をしている。パンフレットにも詳しいコメントがあるが、他人には話したくないであろうハチャメチャな時も描いている。ある面からみるとエルトンへの評判を落としてしまうかもしれない内容だ。しかし僕はエルトンからの愛のプレゼントに感じた。自分を偽らない生き方の大切さ、どんなに苦しんでいても、命を続けていれば、幸せな日も来る…と。

エルトンの誕生日が、僕と同じ3月25日と知ってから親近感が強くなったが、
この映画を見て、もっともっとエルトンが好きになった。
エルトンが、僕らにくれた最高のプレゼントを受け取りに行ってみませんか。
posted by いく at 05:41| Comment(0) | ぷらっと呟く。…つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

「Over The Rainbow」190815

DSC_0579~2.JPG

8/15はお墓参り。真夏のこの時期に、なんと行田市にあるお墓に出かける。あの日本一熱い熊谷が隣りなので、炎天下のお墓参りとなる。透析の身にはきついので、最近は妹たちに任せることも多い。

今年は下の妹が行けないことになり、僕の出番となった。よしも休みを取ったからと付き合ってくれた。上の妹の車で、ドライブ。僕が助手席に乗るのは久しぶり。

遠い親戚が、うちのお墓の近くにあり、墓守をしてくれている。おじさん(と言っても父のいとこだが)は体調を崩して、入院しているとのこと。昨年新築した家には3か月しか住めなかったそうだ。今はお嫁さんと3人の子供が暮している。

新築のお宅にお邪魔している間、よしは車の中でお留守番だった。親戚とは近いようで、遠い存在。自分がゲイであることやHIVに感染していることは、話す必要のない距離感だ。お家に上がって、お嫁さんが開口一番、「テレビ見ましたよ。お父さんと子供たちと車の中で。」「でも、びっくりしちゃった」と言いながらなんだかとても嬉しそうに話してくれた。「テレビはやっぱり太って見えるのね」などなど。

いつも畑のものをお土産にいただくのだが、車まで来て、よしの姿を見たら、すぐに「気づかなかった。一緒に上がってもらったら良かったのに」と言った。妹がよしを「兄の彼です」と紹介。ふたりが仲良く話していたら、お嫁さんはそのことが嬉しかったようで、「良かった。良かった」と微笑んでいた。

お塔婆を受け取って、お墓参りをして、車で帰ろうとしたら、妹が「虹だよ。見て!」と叫んだ。
やっぱり今日はそういう日なのだと思った。
次からは、よしも一緒におじさんのお宅におじゃまできるかな。
帰り道もずっと虹が空に架かっていた。僕がなかなか見つけられないと、妹がそのことを笑う。
3人で外食をしてから帰宅した。なんだかほんわかとした一日であった。
posted by いく at 02:33| Comment(0) | 同性婚訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

「裁判の行方は?」190809

DSC_0540.JPG
画像:やっぱり暑い夏は冷やし系だね。


8/9に非公開の進行協議期日が行われた。第二回期日での国側(被告)からの回答が「(同性婚を)想定していない」という言葉のみで、原告側の弁護団とののやりとりが平行線に終わったため、裁判長からの提案で、今後のことを協議する意味で開かれた。

大法廷とは違い、小さめの法廷で、協議が進められた。しかも裁判長は高い席ではなく、原告代理人と国側代理人と一緒のテーブルについていた。裁判に慣れていない僕からしたら、3者の関係性がとても近く、膝を突き合わせて話し合っているかのように見えた。が実際には、国側だけ同じテーブルにはついていない態度だった。残念である。原告弁護団が、様々は方向から、切り崩そうとしても、それはもうすでに提出をしていて、それ以上にはないという態度。薄っぺらい主張だった。

同じ法律の勉強をした身として、考えて欲しい、一緒にこの案件を議論して行こうじゃないかという中川弁護士の魂の問いかけにも、反応はほとんど見られなかった。

ただ今回、大きかったことは、この裁判を進めて行くにあたって、裁判長から争点の整理をしたことだ。
1) 憲法制定当時の婚姻制度について(成り立ちや制定の視点)
2) 同性婚について、現状の社会では認識がどう変わってきたか。またそれをどう考えるか。

第二回期日での国側の回答が一貫して、争う必要がないなど、同性愛者を全く無視している状態だが、進行協議期日でのあり方も全く変わっていなかった。結果として、裁判長からは、国側がこの態度を続けるなら、原告側が色々な証拠を積み上げて、裁判を前に進めないといけない。しかしこれだけ具体的に実証を求めているのに、それをしないことは国側が不利になる(実際あに言葉にしたわけではないが、そう読み取れる言葉があった)と示した。性自認や性的指向の話にも及んだが、それは他の判例などで、変更ができないものだと示されているし、もうすでに社会的認識があることだとも、裁判長は示した。

前半、国側はかなりごり押し的な発言が多かったが、途中から国側の代理人の手が震え、言葉が少なくなっていった。さあ、次の期日が見ものだ。国側が現状を打破するために、証拠を提出できるのか。それとも今まで通りの主張を繰り返すのか。いずれにしても裁判が大きく動くはず。ぜひ傍聴にお越しください。面白くなってきた。

第3回期日 10/16(水)14:30 東京地方裁判所 
posted by いく at 02:36| Comment(0) | 同性婚訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする