2016年07月25日

全快宣言

IMG_20160621_183339.jpg
4月から6月までの別世界への旅は長かった。
自分でもただ生きているだけで、どうしたら抜け出せるのかもわからなかった。
生涯二度目の死相が出ていたかもしれない。
一度目は、HIV感染で結核に侵されていた頃。
苦悩している真っ只中の自画像を撮っておけば良かった。
このまま自分の命が終わってしまうかもしれない…って
思っていたくらいだから、そんなことは無理だったか…。

始めは不眠からだった。
ここ数年、ずっと悩まされていたから、自分でも不眠とレッテルを貼っていた。
しかしHIVの主治医に言われた一言で、心の中がすーっと晴れていった。
「佐藤さん、不眠じゃなくて、昼夜逆転だから…。不眠じゃないよ。ちゃんと寝てるでしょ。
寝むりたいとき眠れないし、寝てはいけない時に、気を失うほど寝ているよね」
立っているときに、膝がガクンと落ちたり、
椅子に座っていても、床に転がるくらいに崩れたり、
眠いという感覚すらなく、気を失っていた。
それは子供の頃の電池切れに近い状態だった。
寝不足の疲れを、気を失うくらい眠ることで、バランスを取っていた。
だから気持ちが切り替わったら、すぐに眠れるようになった。

もうひとつ悩んでいたのが味覚障害。何を食べても美味しいと感じなくなり、
ピークからは10kg、4月からでも5kgは、体重が落ちた。
自然な痩せ方だったり、コントロールされたダイエットと違い、
体力が落ちてしまったが、67kgはあるから、命に別状はない。

僕は果物が全般的に好きだ。
6月はサクランボの季節、何もかも美味しいと感じれなかった中で、
大粒の佐藤錦を、久しぶりに旨いと感じた。
「食事前でしょ」と相方にたしなめられて、
その隙間「アーモンド習慣」というキャンディを口にした。
カリカリと口の中で小さなブロックに割れていく食感がたまらなく好きで、
当時はこれしか美味しいと感じられなかったので、1日に1袋食べるほど。
そして直後に佐藤錦を口にした瞬間。
「うえっ」と激しい不味さを感じた。その不味さへのずれ方が、
ずっと僕が感じてた不味さそのものだった。
原因とわかって、すぐに自分で禁止令を出し、徐々に回復していった。

ひとつの選択ミスや、ひとつの食べ物を過剰に摂取していたことが、体調に影響した。
そして2ヶ月も苦しんた。
7月に入り、「全快宣言」をできるまでに回復した。
今は折角痩せて、理想体重に近いので、このまま維持しようと思っている。
顔色と気持ちの強さは戻ったので大丈夫、ご安心ください。

今はまっているのは「濃―いブルーベリー」。ただ食べ過ぎには注意しようと思う。
posted by いく at 02:44| Comment(2) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ぷらっといく。薬は怖いよ。

IMG_0913.JPG


ずーっと不眠症状に悩まされている。
電車の中のウトウト寝や、透析ベッドで、すーっと眠り込むことや、
電気カーペットの上でのうたた寝はできるのだが、
寝室の布団の上で寝ようとすると、なぜか眠れない。

オレンジ色の光に包まれたり、夜はパソコンやスマホをできるだけ見ないようにしたり、
温めの湯船にゆっくり浸かったり、朝の光を浴びてみたり、
納豆の成分が、寝るころにはセロトニンに変わると聞けば、朝食に取り入れたり、
口呼吸のテープも、あずきで肩を温めるのも…試してみた。

一時的には良くなっても、すぐに元に戻ってしまう。
人間ってどうして、簡単に慣れちゃうのだろう。
結局は、マイスリー(ゾルピデム)のお世話になっている。

4/8に仕事の年間報告書の提出が迫っていた。
毎月のレポートや、前々から伸ばし伸ばしている仕事などもあり、
押しつぶされそうになりながら、やっと提出ができた時、僕に異変が起こった。
両足、両手の力が全て抜けて、歩けなくなってしまったのだ。
精神科に駆け込んで、これまでの経緯を話して…。
「先ずは不眠を治しましょう」ということになる。
僕も過労と睡眠不足が原因だとは思っていたので、漢方薬を処方してもらった

しかし翌日から丸3日間、食欲もなく、動けないほど体が重く、仕事を休む。
どうにもこうにもならない。残りの命が少ないのかなと不安になった。

その後、仕事に復帰したものの、重だるく、笑顔が作れない。
全体は笑顔なのだが、目の周囲だけが伸び切り、笑っていない。変な顔。
座っていても、急に意識が遠のき、頭から崩れ落ちてしまう。
エクセルの表が四重になり、グルグル回るとか、
キーボードを打っている途中で気を失い、ダダダダダダダダみたいな文章になっていた。
相当やばかった。

4/20二度目の精神科通院、若干睡眠は回復しているので、もう少し様子を見ることになり、
服薬継続。随分しっかり眠れたなと思った朝、
リビングで相方のアラームが鳴っていた。本人はお風呂の様子。
寝室から止めに行った。立ったままで手を伸ばして、アラームを触った。
次の瞬間、バタンという音で目が覚めたら、顔面から崩れて、畳に強打していた。
いくら何でもおかしいと思い、漢方薬を中断。医師にも報告して、止めた。
今度は膝の痛みもひどく、歩けないので、整形外科にも通院。
膝の水を抜いて、ヒアルロン酸を注入した。昨日は2回目の治療、回復に向かっている。
また気になっていたばね指の治療のため、すいみん麻酔薬入りの注射を打ったら、
フラフラになり、どう寝たのかも知らないほど、ぐっすりと眠れた。

全体的に回復している。まだまだ命もありそうだ。大学の卒業を目指して、さあスクーリングに行こう。
posted by いく at 07:44| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする