2014年08月23日

カミングアウト

IMG_0005.JPG

悩み事を聞いてもらうために、友人宅に遊びに行った。
他愛もない話もいっぱいしたが、主に人間関係の話。
話しているうちに、相手よりも僕自身の問題がクローズアップされた。
やはり感情を扱うのは難しい。

学生時代、就職に迷った時、僕はこう考えた。
大好きなことを仕事にして、苦しんでしまうのは、したくない。
あくまでも趣味に残しておいて、楽しむ心を忘れないでいたい…と。
でもその答えが良かったのかは、55歳を過ぎてもわからない。
好きなことで苦しむ方が、僕は性分に合っていたのかも…と思う。

本当はしたくない仕事でも、対価をもらっているからする。
十分な対価が得られれば、たぶん問題はない。
十分な対価が得られないとしても、環境が働きやすく、
自分のしたい事だったら耐えられる。
「人が離職を決めるのは、2つ以上の条件が合わない時」そう聞いた。
アルコールなしで、そんなことを話し合っていた。

相方が来るころには、近所の洒落たお店に移って、
3人で軽く飲みながら(車だから僕はソフトのみ…)、
楽しい時間を過ごした。高級住宅街の一角。
昼間、夏の暑苦しさがあんなにあったのに、夕方は涼しい風がそよいでいた。
オープンカフェで過ごす時間は、リゾートのそれのようで、
とても至福な時間に感じた。IMG_0008 (2).JPG
途中で来店した中年の夫婦と犬。
かまっているうちに、あれこれと会話になる。
「みなさんはどういうご関係ですか?」
「ご結婚はされていますか?」
「犬はお好きですか?飼えばいいのに…」
良くあるありきたりの風景である。
セクシュアリティなど、話してしまっても大丈夫な気はしたが、
僕らの地元ではなく、友人の地元。
受け入れられるとは限らないから、
友人が今後どこかで会ってしまうことを考えると、
本当のことを口ごもった。

帰り道、友人とそのことを話す。
同じことを考えていた。
カミングアウトは難しい。相手、環境、仲間のこと…。
全ての要素がまとまらないと、簡単にはできない。
地元でふたりきりだったら、たぶんカミングアウトしていた。
カミングアウトではなく、自然体で話せる日本にしたい。
posted by いく at 03:28| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

りんごの自販機

友人が書いたFacebookの記事で、
「りんごの自販機」と書いてあった。

その記事を斜め読みして、最近はいろいろな自販機があるよね、とか、
機械はどんどん進化している、とか、自分の世界に入っていった。

コーヒーの自販機も、昔は缶のものしかなかったのに、
今ではコーヒー豆を挽いて、ドリップしてくれるものまである。
「コーヒールンバ」が流れるのもあったな。

それにしても「丸ごとのりんご」とは大胆。
上から、ポロリとりんごが落ちてきて、
定位置に収まったら、「りんご追分」のメロディーが流れ、
おもむろに皮むきカッターが出てきて、りんごが回転する。
綺麗に外側の皮が剥けたところで、
最近はやりの8等分カッターが上から下りてきて、カット。
レモン汁を吹きつけて、ビニールで包む。
こんな工程を想像したら、ワクワクしてきて、その自販機を見に行くことにした。

霞が関に着いて、自販機の前に立つと、
もうすでにビニールにくるまれたニュージーランド産のリンゴが並んでいる。
あ〜あ、僕の早とちりでした。
友人のページを見ると写真もあるし、ちゃんと並んでいるって書いている。
ちゃんちゃん!

行く道すがら、相方にさんざんこんなに夢のある自販機があると、
クイズまで出していたのに…なぁ。
でもシャキシャキして、
とても美味しいりんごだったんですよ。
キャラメルソースやはちみつがかけられるものもある。
はは。
IMG_0003.JPGIMG_0004.JPGIMG_0005.JPG

posted by いく at 04:37| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

血圧低下

空1930245821_179s.jpg

透析をしていると、体調管理が難しくなることがある。
水分と塩分、老廃物は有名だが、
リンやカリウム、体重と血圧もある。
リンが上昇すれば、体中にいろいろな悪さをするし、
カリウムが上昇すれば、最悪は心臓が止まる。
リンもカリウムも多くの食品に含まれている。
それでも生きていく上では、食べていかなければならない。
体重と血圧も密接に関係していて、
ドライウェイトという便宜上の体重設定を行っている。
そのドライウェイトが目標になり、
2〜3日の間に、体重増加を3kg程度に抑えるのが目標となる。
透析が辛いと言われるのは、3〜4時間の間に、
その増えた体重を無理矢理落とすから…負担がかかる。
マラソンをしたくらいの疲れがあると感じるのである。
もっとも個人差があるので、辛い人もそうでない人もいる。

5月頃から、食が細くなり、
見かけでなく、実質の体重が減っていたようで、
血圧が高くなっていた。降圧剤を増やしてもなかなか下がらない。
やっとドクターがドライウェイトを下げてくれることになり、
2ヶ月で8kgくらいの減量をした。
血圧は下がったのだが、この数週間、不安定な状況が続いていた。
暑さのせいで、少しばて気味だったり、
風邪を引いて体調が悪かったり、寝不足が続いたりしたこともあり、
先週の金曜日、透析中に100台にまで下がった。
ベッドから起きようと思っても、座ることすら辛い。
再び横になる。看護師さんが血圧計を巻いた。
ピピッという警報が鳴る。低くて測れないのである。
何度か測り直して、やっと80という数字が出た。
体は重だるいし、とにかくフラフラする。
結局、暫くベッドの上で過ごし、車いすで控室に…。
そのまま横になったまま、4時間仮眠して、やっと動けるようになる。
事務所に行かなければいけない用事があり、
車で向かったが、駐車場からの坂道で、
貧血状態になり、動けなくなってしまった。
結局、相方に迎えに来てもらって、自宅に帰ることにした。

血圧が下がると、本当に怖い。
前にも一度あって、その時は全身が脂汗になり、
気が遠くなって、このまま意識を失うのかと…。
あるいはそのまま死ぬのではないかと感じるくらいだった。
今回も相当ひどかったけれど、脂汗が出ても、
意識はしっかりしていたし、安心感が少しあった。
この夏の間に、少しずつ体力を回復させなきゃ。
posted by いく at 18:00| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする