2014年08月23日

カミングアウト

IMG_0005.JPG

悩み事を聞いてもらうために、友人宅に遊びに行った。
他愛もない話もいっぱいしたが、主に人間関係の話。
話しているうちに、相手よりも僕自身の問題がクローズアップされた。
やはり感情を扱うのは難しい。

学生時代、就職に迷った時、僕はこう考えた。
大好きなことを仕事にして、苦しんでしまうのは、したくない。
あくまでも趣味に残しておいて、楽しむ心を忘れないでいたい…と。
でもその答えが良かったのかは、55歳を過ぎてもわからない。
好きなことで苦しむ方が、僕は性分に合っていたのかも…と思う。

本当はしたくない仕事でも、対価をもらっているからする。
十分な対価が得られれば、たぶん問題はない。
十分な対価が得られないとしても、環境が働きやすく、
自分のしたい事だったら耐えられる。
「人が離職を決めるのは、2つ以上の条件が合わない時」そう聞いた。
アルコールなしで、そんなことを話し合っていた。

相方が来るころには、近所の洒落たお店に移って、
3人で軽く飲みながら(車だから僕はソフトのみ…)、
楽しい時間を過ごした。高級住宅街の一角。
昼間、夏の暑苦しさがあんなにあったのに、夕方は涼しい風がそよいでいた。
オープンカフェで過ごす時間は、リゾートのそれのようで、
とても至福な時間に感じた。IMG_0008 (2).JPG
途中で来店した中年の夫婦と犬。
かまっているうちに、あれこれと会話になる。
「みなさんはどういうご関係ですか?」
「ご結婚はされていますか?」
「犬はお好きですか?飼えばいいのに…」
良くあるありきたりの風景である。
セクシュアリティなど、話してしまっても大丈夫な気はしたが、
僕らの地元ではなく、友人の地元。
受け入れられるとは限らないから、
友人が今後どこかで会ってしまうことを考えると、
本当のことを口ごもった。

帰り道、友人とそのことを話す。
同じことを考えていた。
カミングアウトは難しい。相手、環境、仲間のこと…。
全ての要素がまとまらないと、簡単にはできない。
地元でふたりきりだったら、たぶんカミングアウトしていた。
カミングアウトではなく、自然体で話せる日本にしたい。
posted by いく at 03:28| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする