2014年09月05日

ゲイバーの扉

IMG_0001 (2).JPG

先週末、研修のため盛岡に行った。
少しでも旅気分を味わおうと前日入り。
美味しいものを食べても、感動するものを見ても、
ひとりでは分かち合えない。

夕飯を遅めに食べて、どうしようか迷った。
明日のために英気を養うべきか、それとも久しぶりを満喫するか。
しかしゲイバーに足を延ばした。
1件目、わかりづらい場所で、その界隈を2周してしまう。
どうやら明かりはついていない。休みなのかもしれない。
ネットで見つけたもう一つの店に向かう。

初めて訪れるゲイバーの扉をひとりで開けるのは、どれくらいしてなかったのだろう。
20年以上たっているのかもしれない。
扉が重たく感じる。そして妙にドキドキする。
恋を探しに来たのではないけれど、
それでもどんなお店だろう?とか、
どんな人たちがいるのだろう?とか、考える。
それともう一つカミングアウトをどうするか。
言う義務も必要もないのだけれど、
言わないと何となく後ろめたさを感じてしまう。

同年代のマスターだった。気さくに話しかけてきたが、
すぐに左手の指輪を見つけられる。
12年目になることを伝えると、隣のお客さんを紹介されて、
最近の恋人事情をあれこれ話すことになる。
僕より25歳も若いけれど、一緒に暮らしていても、
問題は家庭内の擦れ違い。
こっちの世界でよくある浮気話とは違うのだけれど、
生活のリズムが違うってことは、少し厄介だ。
どう対応したら良いのかは、難しい。
でもお互いによく話し合うことが必要だと伝えた。
その先どうするかは、ふたりの考え次第だから…。

いつしかいつものお店にいるような感覚になっていた。
若い頃は、こんなとき全てにおいて色恋だった。
もう昔のことで、レモンのような甘酸っぱさも薄らいでいるが、
こうして行動してみると懐かしさを感じる。

差し入れを分けてもらったりして、
楽しい時間を過ごした。
長い夜になったが、明日のことを考えてお店を後にした。
結局、カミングアウトはしなかった。
ただのおじさんであることが、しっくりとした。
posted by いく at 03:25| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする