2014年12月31日

新年に向けて

IMG_0028.JPG

いよいよ大晦日。
毎年思うのだけれど、あっと言う間の1年だったが、
今年も多くの方々と出会えて良かった。
そして命が繋がって、新しい年を迎えられることに感謝している。

振り返ってみると、今年は1年を通して体調が思わしくなかった。
HIVもそうだけれど、透析を受けているってことは、
体に負担をかけているのだなぁ、と改めて思う。
健康な人たちより、より気をつけて日々を過ごさないといけない。
そうしないと健康を維持が難しい。
そればかりか老化も早いのだと思う。
さらに入院を1ヶ月したことで、すっかり体力が落ちてしまった。
それでも日常生活に復帰して、
2ヶ月くらい経つとだいぶ回復したと感じる。
来年はウォーキングなどを取り入れて、
体力をつけようと思う。
無理はしないけれど、頑張っていろいろやってみたいと思う。

それと新しい年に向けて、願をかけようと考えた。
相方に提案したのは、1)初日の出を拝む 2)初詣をする の2つ。
どちらかと提案したが、両方できるんじゃない?って言われた。
でもね、相方の心の中は読めていた。
出不精だから、あまり乗り気がしていないのを…。
初日の出は寒いし、初詣は人ごみ。どっちも嫌いなことなんだよね。
優しいから、僕のことを考えてくれていた。

そこで、ネットを何気なく見ていたら、
大晦日でも手頃な値段で泊まれる宿が茨城にあるじゃない。
食事が付いていなかったり、温泉じゃなかったり…。
少し残念な計画になりそう。
伊豆方面を見てみたら、ありえない。
1人1泊3万円…。

しぶとく検索していたら、2人で2万円を切る宿を発見。
一瞬、目を疑った。
1泊2食付き、しかも夕飯時飲み放題付き。大晦日なのに…。
伊豆高原の高台、海まで7分。
条件はばっちり、揃っている。
即、予約。

ということで、1泊2日で初日の出ツアーに出ることに。
マリンブルー伊豆高原に行ってきます。 
みなさま、来年もまたよろしくお願いします。
posted by いく at 02:35| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

「あれは若い子の話」

インフル検査.jpg
先週、インフルエンザにかかった。
日曜日の仕事中に原因不明の眠気が来て、起きているのが辛く、
何が起こっているのかわからなかったが、
家に戻って、念のため熱を測ったら、38度を超えていた。
食欲がなく、眠気が先行していたので、
この時点では、ただの風邪だと思っていた。

翌日、大学でのスピーカーの仕事が入っていて、
少し重だるかったけれど、昨日よりは回復していたので、
そのままスピーカーに出かけた。
ただ話している途中で、時間管理ができなくなったり、急に話に詰まったりした。
でもそれは初めてパワーポイントを使用したせいかな?と思っていた。

火曜日は事務所のシフトだったが、
朝起きた時に、誰から言われるでもなく、
「このまま仕事に行ったらいけない」と指令が湧いてきて、
交代してもらえるかもしれないスタッフに電話して、
事情を話し、急遽交代してもらう。
その日は、ただただ寝て過ごした。
そして水曜日、どうもおかしいので、
やっと耳鼻咽喉科の扉を叩いたのである。

リレンザかな、タミフルは怖いな…など考えていた。
友人にタミフルの話をしたら、「あれは若い子の話」と釘を刺されてしまった。
文字では見ていても、異常行動の話をあれだけ刷り込まれていると、
自分にも当てはまるのではないか…なんて考えてしまう。
間抜けな話なのだが…。
そんなに気を揉んでいたのに、第4の薬、イナビルが処方された。
粉の薬を口で吸引するタイプ。
1回の治療で、終了という優れものだ。
でもね、喉の調子が悪い時に、
粉を口から吸い込むって、酷な話なわけ。
「咳き込まないように」って言われたって、咳き込むわけ。
薬の効き目は素早く、感動ものなのですが…。

たぶんもう少し早くインフルエンザを疑って、
対処していたら、よしにうつすこともなかったかもしれないし、
僕の回復も早かったのかもしれない。
結局、家庭内でリレーしてしまったため、
交互に相手を看病。
まあ久しぶりに、二人きりの時間が取れて、
それはそれで嬉しいのだけれども、
どこに出かけることができるわけでもないので、
すこし残念な過ごし方なのである。
posted by いく at 04:13| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする