2016年05月03日

ぷらっといく。薬は怖いよ。

IMG_0913.JPG


ずーっと不眠症状に悩まされている。
電車の中のウトウト寝や、透析ベッドで、すーっと眠り込むことや、
電気カーペットの上でのうたた寝はできるのだが、
寝室の布団の上で寝ようとすると、なぜか眠れない。

オレンジ色の光に包まれたり、夜はパソコンやスマホをできるだけ見ないようにしたり、
温めの湯船にゆっくり浸かったり、朝の光を浴びてみたり、
納豆の成分が、寝るころにはセロトニンに変わると聞けば、朝食に取り入れたり、
口呼吸のテープも、あずきで肩を温めるのも…試してみた。

一時的には良くなっても、すぐに元に戻ってしまう。
人間ってどうして、簡単に慣れちゃうのだろう。
結局は、マイスリー(ゾルピデム)のお世話になっている。

4/8に仕事の年間報告書の提出が迫っていた。
毎月のレポートや、前々から伸ばし伸ばしている仕事などもあり、
押しつぶされそうになりながら、やっと提出ができた時、僕に異変が起こった。
両足、両手の力が全て抜けて、歩けなくなってしまったのだ。
精神科に駆け込んで、これまでの経緯を話して…。
「先ずは不眠を治しましょう」ということになる。
僕も過労と睡眠不足が原因だとは思っていたので、漢方薬を処方してもらった

しかし翌日から丸3日間、食欲もなく、動けないほど体が重く、仕事を休む。
どうにもこうにもならない。残りの命が少ないのかなと不安になった。

その後、仕事に復帰したものの、重だるく、笑顔が作れない。
全体は笑顔なのだが、目の周囲だけが伸び切り、笑っていない。変な顔。
座っていても、急に意識が遠のき、頭から崩れ落ちてしまう。
エクセルの表が四重になり、グルグル回るとか、
キーボードを打っている途中で気を失い、ダダダダダダダダみたいな文章になっていた。
相当やばかった。

4/20二度目の精神科通院、若干睡眠は回復しているので、もう少し様子を見ることになり、
服薬継続。随分しっかり眠れたなと思った朝、
リビングで相方のアラームが鳴っていた。本人はお風呂の様子。
寝室から止めに行った。立ったままで手を伸ばして、アラームを触った。
次の瞬間、バタンという音で目が覚めたら、顔面から崩れて、畳に強打していた。
いくら何でもおかしいと思い、漢方薬を中断。医師にも報告して、止めた。
今度は膝の痛みもひどく、歩けないので、整形外科にも通院。
膝の水を抜いて、ヒアルロン酸を注入した。昨日は2回目の治療、回復に向かっている。
また気になっていたばね指の治療のため、すいみん麻酔薬入りの注射を打ったら、
フラフラになり、どう寝たのかも知らないほど、ぐっすりと眠れた。

全体的に回復している。まだまだ命もありそうだ。大学の卒業を目指して、さあスクーリングに行こう。
posted by いく at 07:44| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする