2017年04月30日

ぷらっといく。青森レインボーパレード

DSC_0268.JPGDSC_0275.JPG

2017年4月23日、
4回目を迎える青森レインボーパレードを応援するために僕は青森にいた。
お昼頃、パラッと雨が落ちてきたので、心配したが、気持ちのいい天気だった。
パレードを始めたのは、友人カップル。DSC_0283.JPG
最初の年は、3人で歩いた。地元の風が冷たかったと聞いている。
2年目が24人、昨年は45人。そして今年は101人だった。

駅前に着いたとき、思っていたよりも大勢の人がいて、レインボーの旗が風に揺れていた。
1時間のセレモニー、青森にゆかりの人たちや、パレードを支えている人たちのスピーチが続く。
生島代表との「いくいくコンビ」が急に呼ばれて、前に立つ。
ここにもHIV陽性者はいる。いつかその人たちが住みやすい街になるように声を上げた。

東京のパレードとの違いは、人数だけではない。
ビートの効いた音楽が、大音量で流れているだけで、街は盛り上がっていない。
歩いていて、ヒシヒシと感じる冷たい空気感。
多くの人たちは窓枠の内側で、そっと見ている。
窓は空いているのに誰も見えない。沿道にもほとんど人影がない。
それでも地元の林檎屋さんや洋品店の人たち、
通りすがりの人たちが、手を振ってくれた。
笑顔で応援してくれる人たちがいると、大盛り上がりになる。
レインボーの小旗やプラカードが一斉に踊りだす。
県庁や公安や赤十字の前では、時間をかけて存在をアピールした。
日曜日なので、いるのかいないのかはわからないが、
きっと聞いている人たちはいるのだろう。そしていつか声が届くのだろう。

外国の人たちが、親指でグーをしてくれる。
そんな些細なことが嬉しい、僕も認められている感じがした。
心がいっぱいになり、涙が溢れそうだった。
一番感動した場面は、代表の翔子さんが、
沿道で応援してくれる女性と抱きあって、気持ちを交わした瞬間。感動…。
キラキラしていて、素敵だった。ぐっと涙を堪えた。
青森に来て初めて「大切な活動だ」と言ってくれた人らしい。

後半、通りかかったバスの中で、男性が親指を下にした。
拡声器を通して、「青森には差別があります」と声が上がった。
「Osora ni Niji wo Kake Mashita」には、何度も攻撃があったのだそう。
それでも「ここで生きていること」を発信を続けていることで、
確実に芽吹き始めている。そう感じた。
100人を超えたこと、もうこの勢いは止まらない。
いや止めてはいけないのだと思う。
青森でできたら、全国どこでもできるということ。
来年は何人になるかな。沿道にはもっと大勢の人たちがいるかな。
青森の力になることには、大きな意味がある。来年こそ、ぜひご一緒に!DSC_0279.JPG
posted by いく at 16:32| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする