2017年10月24日

最愛の人と生きるということ。

DSC_0330.JPG

20年以上連れ添うということは、パートナーというだけでなく、父母やきょうだい、子供たちと同じ、家族なのだと思う。その家族が引き裂かれることを考えて欲しい。
引き裂かれたら、絶望、悲しみ、怒り、やるせなさを感じるだろうし、生きる気力さえ失うかもしれない。
セクシュアリティだけでも、周囲に説明しづらい。さらにHIVを持って生きていると、さらに説明しづらくなる。まして自分の心をさらけ出して、相談できる相手は限られてくる。
だからこそ20年以上続いているパートナーシップは尊いもの。ずっとふたりを一緒にいさせて欲しいと願っている。
僕はHIVを持ってから、パートナーを見つけるのに、とても苦労した経験がある。出会った後、病気のことを伝える場面が必ず来る。HIVであると伝えた結果、50人以上の人に断られた。それくらい今でもHIV/エイズへの不安や恐怖が残っている。
病気のことを理解して一緒にいる人は、HIV陽性者にとってかけがえのない存在。

沖縄出身の歌手・普天間かおりさんの歌に「掴めないもの」がある。普天間さんの言葉「おじいの最期時、おばあが病院に到着を待っていたかのように、手を握りながら息を引き取った」その時感じたことを歌詞に込めたそうだ。最愛の人と最期の場面は一緒にいたい。それは男女であっても、同性であっても同じなのではないかと思う。

掴めないもの
作詞:普天間かおり 作曲:普天間かおり

もしも私が終わるその時
愛する人が手を握ってくれたらいい

この手の中に掴めるものは
確かなものなどないのかもしれない
かき集めた宝物 
数え終われば ただそれだけのこと

もしも私が終わるその時
愛する人が手を握ってくれたらいい
少しだけ泣いてくれたら それでいい

この目の中に映っているものは
変わらぬものなどないのかもしれない
まるでここは無常の世界
けれど 決して嘆くこともない

もしもあなたが終わるその時
あなたを想う人がいればいい
もう一度会いたいと言ってくれたらいい

生きた証など計れるものじゃない
心の中まで 計れるはずもない
何が残るの? 何を残したい?

もしも私が終わるその前に
愛する人の笑顔を 喜びを
できるだけたくさん見られたら それでいい

この手の中に掴めぬものこそ
確かなものだと言えるのかもしれない
この目の中に映らぬものこそ
大事なものだと言えるのかもしれない

普天間かおり「掴めないもの」はこちら。
posted by いく at 02:40| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする