2019年02月24日

190223「同性婚の原告になった思い」

IMG_20190215_150129_822.jpg
[アフターパーティでスピーチしている画像]

2019年、平成最後のバレンタインデーに、「同性婚が認められないのは違憲である」という訴訟の原告となって、訴状を提出してきた。原告になった思いを書いた。

男性に興味がある、その姿にドキドキする…と思い始めたのは、中学生の頃。あの当時は、インターネットもなく、テレビやラジオ、本や雑誌から情報を得る時代。学校では、勿論同性愛のことなど、教えてくれなかった。
僕の心の底から沸き上がる男性への不思議な気持ち、でもそれは間違いだ、いけないことだと思っていた。周りから聞こえてくるのは、「オカマ」とか「ヘンタイ」という言葉だけ。高校生になっても、大学に入っても、自分が男性を好きだったことは、肯定できずに、ひた隠しにしていた。結果として、昼の顔と夜の顔に僕自身が分離されていったのだ。
30代になって、出会ったbreakthroughテクノロジーという自己探究のセミナーに参加して、やっとゲイとして生きることを見つけることができた。200人もの人の前で、自分はゲイだとシェアしたら、拍手で讃えてくれたのだ。本当に嬉しかった。

原告になった理由のひとつは、僕が若い頃に感じたような気持ちを持たなくて良い社会、どんなセクシュアリティでも明るい未来を描ける時代にしたい。若い世代のセクシュアルマイノリティの人たちが悩み、自死を選ぶことがないようにしたい、という思いからだ。
もう一つは、僕はHIVとともに生きている。糖尿病もあるし、人工透析もしている。感染症などにとても弱い存在。HIVは薬が良くなって長生きできる時代になったけれど、3月で還暦を迎える。人生の終わりが近くなって来ていると感じている。勿論、できるだけ長く生きられるように頑張っていくが、天国に旅立つ時に、パートナーに手を握られて逝きたい。考えたくはないが、もしもパートナーが先に逝くことがあれば、その時最期に手を握っているのは僕でありたい。そんな思いからだ。
病院は、本人の意識が無くなったら、血縁の家族や親族を探すだろう。パートナーのことを周りに話していない場合は、死に目にも会えないかもしれない。愛する人のこの世の最期に一緒に入れないなんて、悲しい。また僕らの場合は、マンションの名義がパートナーになっているので、住み家を失うかもしれない。同性同士でもそういうことがない社会にしたいと思ったからだ。
ふたりは男同士という以外、男女の夫婦と変わらない時間を共有している。一緒に食事をして、隣で寝て、病気になったら看病し、一緒に音楽を聞いたり、映画やドラマを観る。時には旅行に出かける。そんな毎日。一年一年、一つずつ歳を重ねている。

最後に記者会見で話したスピーチを紹介したい。パートナーのよしの文は、僕が代読した。
「原告のよしです。顔出ししないで、原告になっていますが、本当はパートナーと一緒に、いつも通りに並んでいたいのですが、それができないのが現状です。でもこの裁判で勝って、最後には顔を出して、笑って終わりたいと思います。」
「隣にいるはずの僕のパートナーが記者会見にはいません。会社や家族にカミングアウトしていないからです。僕も30代くらいまでゲイであることを、隠して生きていました。ゲイであることはおかしいこと、いけないことと思って、ずっと生きていたのです。学校や会社では本当の自分のことを話せなくて、苦しかった。生きていく上で「居場所」がなくなること、「つながり」が失われることが、一番きついです。今はオープンにして生きていますが、あの時と同じような気持ちを、若い世代の人たちに感じて欲しくない。そう思って、原告になりました。
僕はHIVに感染しています。服薬をすることで長生きができる時代になりましたが、それでも「死」が近くにあると感じながら生きています。僕が天国に逝く時、最期のお別れを最愛の人と手を繋いで迎えたい。臨終の場には家族しか入れないので、その願いは今のままでは、叶えられないかもしれません。ぜひ応援してください。佐藤郁夫」
posted by いく at 04:51| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする