2019年07月12日

「想定されていない」僕らにできること

第二回期日報告会.jpg
第二回期日の報告会の一コマ(撮影:Ken Suzukiさん)

7/7東京地方裁判所第103号法廷で、「結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟)」の第二回期日に原告として参加した。15時に開廷して、40分間かかった。その後、報告会を1時間して、地元の駅に着いた時には体力が限界になり、フラフラになって、やっとの思いで自宅に到着。3時間爆睡した。ずーっと平行線の会話を聞いていることほど精神的に疲れることはない。

第一回期日で小野春さんと僕が意見陳述をした。今回は国側の回答が出た。反論してくることは想定していたが、反論よりもひどい「無視」という対応だった。前回の国側の代理人はとても張り切って、原告に対抗するぞという雰囲気を醸し出していた女性だった。とても手ごわそうだった。しかしその女性が、第二回期日では姿を見せなかった。あの攻撃的な態度で、反論してくると思っていたから、少し拍子抜けをした。だが交代した若い男性の態度は、僕の想像を超えるものであった。

国側の主張は、「日本国憲法が制定されたときに、憲法第24条に『婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立』と書かれていて、両性とは男女のことを指していることは明白だ。同性婚は想定されていない」だった。それは最もなことだと思う。当時はまだ同性愛は病気とされていたし、異常とさえ思われていた時代の話だからだ。

しかしその後がすごかった。「それでは憲法第24条は同性婚を禁止していますか?」との原告弁護団の問いに「想定していません」と答え、「それでは憲法第24条は同性婚を禁止していないんですね?」の問いにも、「想定していません」と続けた。さらに様々な形でくずそうとした原告弁護団の言葉に、「先ほど述べたとおりです」とか「想定していません」を繰り返した。まるで壊れたテープレコーダーだ。

本国が同性愛者に対して迫害をしていることを理由に、難民の受け入れを認めた例を提示しても、「担当部署が異なるため、この場で私から申し上げることではない」との回答。ばかにしている。

原告弁護団も熱く語ってくれたが、暖簾に腕押し状態。「同性婚は想定していない」ではなく、「同性婚を認めて欲しい」と訴えている同性愛者も存在していないと言われているようだった。世界的に同性婚を認められている現状に照らしても、オリンピック憲章に基づいて、オリンピックを開催する国としても恥ずかしい。

全国の自治体では、同性パートナーシップ制度が続々と認められる中で、同性愛者を無視し、全く議論をしない態度は許せない。日本はこのままでいいのだろうか。真摯に議論ができない国は腐敗していく。未来が見えるために僕は何ができるのだろうか。参院選は、はっきりと「同性婚」や「選択的夫婦別姓」を認めようとしている政党や候補者に投票しようと固く決意した。

Marriage For All Japan 第二回期日の報告
http://marriageforall.jp/blog/20190710/
HUFFPOST 
https://www.huffingtonpost.jp/entry/marriage-for-all-tokyo-second-oral-argument_jp_5d2322d8e4b0f31256871626
BuzzFeedNews
https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/marriage-for-all04
posted by いく at 08:43| Comment(0) | 同性婚訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする