2011年08月14日

「ひみつ堂」

DSCN5095.JPGひみつのいちごミルク晩柑

TBS「ひるおび」だったと思う。
天然水の氷+生果汁で作ったシロップと聴いた瞬間に、絶対に行くと決めた。
日曜日の予定が急に開いたので、
真夏の暑さが戻っているが、谷中に出かけることにした。

2時間待ちと言われた時に、少し迷ったが、一応予約して、
谷中の街並みをぶらついた。
昭和と江戸の街並みが混在したのような谷中。
随分と活気があるな…と思った。
グルメリポーターや有名人が訪れた時の写真やサインがあちらこちらにある。

2時間待った甲斐があった。
カウンターに座って、僕は定番の「ひみつのいちごミルク」
相方は「日本のグレープフルーツ・晩柑」を頼んだ。
昔ながらのシャリシャリという手で回すかき氷機。
子供の頃、海の家でよく見たやつ。
山もりの日光の天然水の氷に、
自家製の手作りシロップをたっぷりとかけてくれる。
僕らの前に注文されたものを作るたびに期待が膨らむ。

柔らかくフワッとした氷で、口の中でスッと溶けてしまう。
「これ、これ」と心の中で、叫んだ。
いちごのつぶつぶを感じるシロップ、たっぷり重厚感のある練乳。
初めてかき氷でお腹がいっぱいになった。
もうこれ以上食べられないところまで…。

晩柑は珍しかったので頼んだが、
とても苦かった。そしてほんのり甘みが来る。新しい味。
いちごミルクよりサラッと食べられる。
かき氷で幸せ。
この一時だけで幸せになれる、そんな1品だった。
冷たいのに心があったかくなった。
今度はメロンとかスイカも食べたいな。
小倉あずきもいいな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]