2011年11月27日

恋の迷い道(3)〜のめりこむ〜

ゲイとしての本格的な恋愛に結び付くまでには時間がかかった。
こころのどこかで、いけないことだと思っていたからだろう。
ネットなどの情報収集ツールがあるわけではなかったし、
テレビやラジオでは見つけられなかった。

でもあのおじさんの顔はしっかりと覚えていたので、
また偶然に出会えないものかと、密かに思っていた。
ずっとその感触が忘れられないでいた。
一度インプットされたことを忘れることは難しい。
しかしそのおじさんには二度と会うことができなかった。

満員電車の中で、きょろきょろとしているのだから、
見る人が見れば、探しているな…って簡単にわかったのだと思う。
ある日、僕の近くに別のおじさんが寄ってきて、
僕の股間に触れるようになってきた。
最初はあの懐かしい感覚を思い出したので、なすがままにしていた。
しかしおじさんのパワーはすごい。
どんどん触り方がエスカレートしていく。
電車の中でチャックを下して、
直接触ろうとしてくるようになる。
またおじさんの股間を触るよう、無理矢理手をひっぱられたりもした。
毎日のように乗る時間を合わせて、僕を狙ってくるようになった。
そうなってくると
「僕にはもうこれ以上近づかないで!」って感情が湧いてくる。
そのおじさんからできるだけ逃げるようにしていた。
もう苦痛以外の何物でもなくなった。
男への思いは強くなるものの。
電車の中での行為からは離れたい気持ちでいっぱいだった。

薔薇族.jpgそしてある日、書店で何気なく本を探していたら、
「薔薇族」を手に取ってしまうのである。
その衝撃は大きいものだった。
しかし買うほどの勇気は持っていない。
運悪く「薔薇族」を見つけたのは、地元の駅近くの本屋。
そんなところで帰るはずがない。
それでも気になって、気になって、仕方ない。
時折本屋に行っては、そっと手にとって、
周りを見回して人がいないところで、ページを開いた。
高校生の僕にとっては刺激的過ぎた。

ある日、どうしても手に入れたくなって、
他の本の下に隠し、レジに持って行った。
本屋のおじさんに「子供が読む本ではない」と大きな声で言われ、
逃げるように帰ったことを覚えている。
何も見つからないまま、時は流れていった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]