2012年04月19日

僕のはじめて物語2「ユア ヒット パレード」

IMG_1335.JPG
僕は何を隠そう、すごいチャートマニアです。
元々好きなことには、根を詰め、とても几帳面な性格。
やり始めるととことんやるタイプ。
チャートのチェックは、僕の性格にぴったり。IMG_1340.JPG

IMG_1336.JPG中学2年の頃、同級生の女子から、ラジオを勧められて、
確か文化放送にチャンネルを合わせたのが、始まり。
落合恵子さんの番組で、ビートルズ特集を聞いたのが最初でした。
あの時の、とても新鮮な気持ちは、記憶の片隅に今でも残っています。
その流れで聞き始めたのが、「ユア ヒット パレード」。
1955(昭和30)年からスタートした長寿番組で、
アメリカンチャートの影響を受けながらも、
映画音楽がとても強いチャートで、フランチポップスやイタリアの曲も
ランクインするのが特徴的で、とても品のある番組でした。
何しろ最初4年間は年間1位に、「エデンの東」が輝いているくらいですから…。
またお勧めの新曲コーナーがあって、
そこで紹介されると、翌週必ずチャートに入ってくる。
他のチャート番組とは一線を画していたように思います。
映画の紹介コーナーがあり、試写会の招待もありました。
僕も随分、この番組にはお世話になって、
当選確率も高く、相当な数の試写会に行った思い出があります。
リスナーもとても優しい人たちが多かったような気がします。
番組のファンクラブもありました。

IMG_1337.JPGIMG_1338.JPG

1973(昭和48)年9月24日のチャート(937回)から始まっている。(下記参照)
たぶん何度も清書をしたのでしょう。大学ノートの最初3ページが破られている。
Billboardチャートの記録が、同じ年の10月27日付から。
急に洋楽に目覚め、チャートの記録が始まっていました。
当時は毎週ラジオにかじりついてたなぁ。
今度はそのBillboardチャートのことも書こうと思います。

では僕が最初に聞いた「ユア ヒット パレード」1973(昭和48)年9月24日付
1位 007死ぬのは奴らだ/ポール・マッカトニー&ウィングス
2位 イエスタディ・ワンスモア/カーペンターズ
3位 レイン・レイン/サイモン・バタフライ
4位 キャン・ザ・キャン/スージー・クワトロ
5位 タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング/ダイアナ・ロス
6位 さよならを教えて・フランソワーズ・アルディ
7位 太陽の当たる場所/エンゲルベルト・フンパーディング
8位 希望の明日/クリント・ホームズ
9位 嘆きのジプシー・ローズ/トニー・オーランド&ドーン
10位 「サマータイム・キラー」のテーマ
11位 ブラザー・ルイ/ストーリーズ
12位 「高校教師」のテーマ
13位 ヤング・ラブ/ダニー・オズモンド
14位 オールナイト/リンジー・ディ・ポール
15位 ギヴ・ミー・ラブ/ジョージ・ハリスン
16位 土曜の夜は僕の生きがい/エルトン・ジョン
17位 小さな愛のワルツ「ロイビーンから」/アンディ・ウィリアムス
18位 落葉のコンチェルト/アルバート・ハモンド
19位 ゴーイング・ホーム/オズモンズ
20位 アメリカンバンド/グランド・ファンク・レイルロード


posted by いく at 02:09| Comment(0) | 僕のはじめて物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]