2012年12月24日

「人生がときめく片づけの魔法/近藤麻理恵」 

月曜日の透析中に、衝撃の出会いがありました。
「こんまり」こと近藤麻理恵さん。

片づけができない僕ですが、綺麗な部屋で過ごしたいと、すっと思ってました。
だから時折、思い立つととことん綺麗にして、掃除をする。
そして疲れて、また荒れていくのが常でした。
コレクターだし、忙しい毎日だし、
汚れていても死ぬわけではないし…そんな理由づけしては、片づけを放棄していました。

TBSテレビの「ひるおび」を見ていて、こんまりさんの言葉にドキッ。
「掃除と片づけは違います。一緒にしないでください」
「思い出のものは取っておきましょう」
「捨てるかどうかの判断は、ときめくかどうか」
「ときめくものだけを残し、他のものは感謝して捨てましょう」などなど。
僕の心にぴたりと来るものばかりでした。
方法は「片づけは、部屋別ではなく、モノ別ですること」
「順番は、衣類、本類、書類、小物類、最後に思い出の品ですること」
「カテゴリー別に全部を1か所に集めて、一気にする」
僕にもできそうで、心がわくわく。

IMG_2783.JPG
すぐに「人生がときめく片づけの魔法」を手に入れて読み始める。
読んでいる途中で、どうしても試してみたくなって、
夜中でしたが、部分的に靴下を整理。
今まではきもしいないのに、何となく持っていた靴下を全部捨てることができIMG_2784.JPG
睡眠時間が短かったにも拘らず、不思議とぐっすり、翌朝はすっきり。

今、むさぼるように読んでいた1冊目(今日、2も購入)を読破。
後半は、これから僕がどう生きていくかが見えてきて、
片づけの本を読んでいるだけなのに、涙が出てきました。

自分のモノへの執着は、凄いもの。
例えば、いつか使うかもわからない空き瓶がいくつも…。
整理整頓の基本は、捨てるなんですよ。そんなことわかっていました。
でもなかなか捨てられない。思い出も一緒に捨てられない。…なんて思っていました。

こんまりさんの本を読んでわかったこと。
僕が大事にしているのは、たくさんの思い出だったり、
人との出会いだったり、繋がりだったり…。
そのため思い出の詰まっているものは捨てられない。
そして何となくもったいないと思っているものも捨てられない。
そういう風に連動していることがわかり、
捨てられるものがはっきり見えてきたのです。

隙間の時間を見つけて、捨てることができます。こんまりさんありがとう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]