2014年08月03日

血圧低下

空1930245821_179s.jpg

透析をしていると、体調管理が難しくなることがある。
水分と塩分、老廃物は有名だが、
リンやカリウム、体重と血圧もある。
リンが上昇すれば、体中にいろいろな悪さをするし、
カリウムが上昇すれば、最悪は心臓が止まる。
リンもカリウムも多くの食品に含まれている。
それでも生きていく上では、食べていかなければならない。
体重と血圧も密接に関係していて、
ドライウェイトという便宜上の体重設定を行っている。
そのドライウェイトが目標になり、
2〜3日の間に、体重増加を3kg程度に抑えるのが目標となる。
透析が辛いと言われるのは、3〜4時間の間に、
その増えた体重を無理矢理落とすから…負担がかかる。
マラソンをしたくらいの疲れがあると感じるのである。
もっとも個人差があるので、辛い人もそうでない人もいる。

5月頃から、食が細くなり、
見かけでなく、実質の体重が減っていたようで、
血圧が高くなっていた。降圧剤を増やしてもなかなか下がらない。
やっとドクターがドライウェイトを下げてくれることになり、
2ヶ月で8kgくらいの減量をした。
血圧は下がったのだが、この数週間、不安定な状況が続いていた。
暑さのせいで、少しばて気味だったり、
風邪を引いて体調が悪かったり、寝不足が続いたりしたこともあり、
先週の金曜日、透析中に100台にまで下がった。
ベッドから起きようと思っても、座ることすら辛い。
再び横になる。看護師さんが血圧計を巻いた。
ピピッという警報が鳴る。低くて測れないのである。
何度か測り直して、やっと80という数字が出た。
体は重だるいし、とにかくフラフラする。
結局、暫くベッドの上で過ごし、車いすで控室に…。
そのまま横になったまま、4時間仮眠して、やっと動けるようになる。
事務所に行かなければいけない用事があり、
車で向かったが、駐車場からの坂道で、
貧血状態になり、動けなくなってしまった。
結局、相方に迎えに来てもらって、自宅に帰ることにした。

血圧が下がると、本当に怖い。
前にも一度あって、その時は全身が脂汗になり、
気が遠くなって、このまま意識を失うのかと…。
あるいはそのまま死ぬのではないかと感じるくらいだった。
今回も相当ひどかったけれど、脂汗が出ても、
意識はしっかりしていたし、安心感が少しあった。
この夏の間に、少しずつ体力を回復させなきゃ。
posted by いく at 18:00| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]