2015年12月24日

「生きること。」2009年04月17日mixi日記より

mixiを読み返していたら、改めて伝えたい日記があったので、UPします。

IMG_3398.JPG
マイミクさんの日記を読んでいて思ったことがある。
そこで僕が書いたコメント。

…僕も同じように思うことが多い。
でも「HIVになったから」が理由じゃないと思う。
たぶん僕も感染が分かった当時は、
HIVの先に「死」を見たんだ。
やっぱり怖かったんだね。何も知らなかったから…。
「死」を見つめたことで、
残りの人生を「どう生きようか」に繋がったのだと思う。
だからHIVになったからじゃないよ。
「死」と正面から向き合ったからだよ。
僕はそう思う。

陽性者スピーカーの時、
ついつい「HIV陽性だから…」という思いで話すことが多くなる。
でもよく考えたら、
そのことを考えるきっかけが「HIV陽性」ということで、
病気があっても、そうでなくても、
どんな病気でも、どんな出来事でも、
自分がちゃんと向き合えれば、
いろいろなことを感じ取ることができるのだと思う。

僕もそのつもりでも、そう言えば直視していなかったなぁ、と思う。
たまたまHIVが陽性になったという出来事で、
これから先、自分がどう生きていくかを明確にできたのだと思う。
今しなければ、明日はないかも知れないと思ったから、
できたこともある。
でもそのことは、別にHIV陽性にならなくても、
できることなんだよ。
そんな風に改めて思った。

今朝はなぜか早起きで、
ぼんやり明けて行く空の明かりが、カーテン越しに差し込んでいる時、
相方の寝顔を見て、なんだか柔らかな気持ちになった。

昔何人もの恋人との間で喧嘩をした。
それでもフッと目が覚めた時、その寝顔を見て、
「こうやって何も言わなければ、可愛いのにな」
なんて考えたりしていた。
でもさ、本当は寝顔で確認するのじゃなく、
お互いに「ごめん」をして、ギュッとして、キスをして、
許しあえた方が良かったなぁと思う。
どこかで向き合っていなかったんだよ。恋人に…。
6年もの間、幸せを感じ続けていられることに、感謝している。

いろいろなことはあるけれど…。
新しい希望の朝を迎えた。
posted by いく at 03:00| Comment(0) | +@…陽性者の視点から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]