2019年04月15日

口頭弁論が、もう今日になりました。

3/25に還暦を迎えました。皆さんから温かな言葉やプレゼントをいただいて感謝しています。
年度末年度始めに当たり、多忙な日々を過ごしていて、お礼が大変遅くなりました。

DSC_0231~3.JPGDSC_0267~2.JPGDSC_0268~2.JPG
花束やペアもののプレゼント

DSC_0269~2.JPGDSC_0266~2.JPG
還暦だけに赤いものもありました。

今年は、すべての人に結婚の自由を訴訟(同性婚訴訟)の原告になるという、新たな一歩を踏み出しました。折角この世に生を受けて、ゲイとして生まれたこと。糖尿病になったこと。エイズを発症したこと。HIV 陽性者であること。人工透析を受けていること。そのすべてに感謝しています。

お陰さまで、今は幸せな毎日を過ごせていること、それは貴重なことだと思っています。

でもここにたどり着くまでには、苦しんだことも、悲しいことも、悔しい思いも、死にたい気持ちも、いろいろと経験しました。今、ここに生きていることは、奇跡なんだと思います。

ひとつ後悔が残るとしたら、若い頃に、誰がなんと言おうと、自分らしく、自分のやりたいことを選択していたら、もっと違う人生があったかもしれないということです。

自分がゲイとして生まれたことで、長い間、いけないことだと、恥ずかしいことだと、否定的な感情と共に過ごしてきました。次の世代の人たちには、そんな思いをして欲しくない。そのために何が必要か、やはり法律や社会制度の中で、認められることではないかと思っています。

もうひとつは、根強く残るHIV / エイズへの差別・偏見です。診療拒否、施設への入所拒否、会社でも、学校でも、地域でも、理解は進んでいません。僕が原告として発言する、その裏には、必ずHIV のことがあります。HIV 陽性者のことをすこしでも理解してほしい。そんな気持ちを持って望みます。

表だって応援しなくてもいいです。心の中でそっと応援していただければ、その思いはきっと大きな力になりますから。

明日の9:30から傍聴券の配布があります。たぶん抽選になると思います。
84abecbe9d14ebc8526aab01b26df665.jpg
posted by いく at 01:16| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]