2019年08月19日

「Over The Rainbow」190815

DSC_0579~2.JPG

8/15はお墓参り。真夏のこの時期に、なんと行田市にあるお墓に出かける。あの日本一熱い熊谷が隣りなので、炎天下のお墓参りとなる。透析の身にはきついので、最近は妹たちに任せることも多い。

今年は下の妹が行けないことになり、僕の出番となった。よしも休みを取ったからと付き合ってくれた。上の妹の車で、ドライブ。僕が助手席に乗るのは久しぶり。

遠い親戚が、うちのお墓の近くにあり、墓守をしてくれている。おじさん(と言っても父のいとこだが)は体調を崩して、入院しているとのこと。昨年新築した家には3か月しか住めなかったそうだ。今はお嫁さんと3人の子供が暮している。

新築のお宅にお邪魔している間、よしは車の中でお留守番だった。親戚とは近いようで、遠い存在。自分がゲイであることやHIVに感染していることは、話す必要のない距離感だ。お家に上がって、お嫁さんが開口一番、「テレビ見ましたよ。お父さんと子供たちと車の中で。」「でも、びっくりしちゃった」と言いながらなんだかとても嬉しそうに話してくれた。「テレビはやっぱり太って見えるのね」などなど。

いつも畑のものをお土産にいただくのだが、車まで来て、よしの姿を見たら、すぐに「気づかなかった。一緒に上がってもらったら良かったのに」と言った。妹がよしを「兄の彼です」と紹介。ふたりが仲良く話していたら、お嫁さんはそのことが嬉しかったようで、「良かった。良かった」と微笑んでいた。

お塔婆を受け取って、お墓参りをして、車で帰ろうとしたら、妹が「虹だよ。見て!」と叫んだ。
やっぱり今日はそういう日なのだと思った。
次からは、よしも一緒におじさんのお宅におじゃまできるかな。
帰り道もずっと虹が空に架かっていた。僕がなかなか見つけられないと、妹がそのことを笑う。
3人で外食をしてから帰宅した。なんだかほんわかとした一日であった。
posted by いく at 02:33| Comment(0) | 同性婚訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]