2017年08月06日

また入院中。

夏本番というのに、入院中。

7月最終週の週末から、しつこい咳が出ていて、薬を飲んで少し良くなりかけていた先週の月曜日の夜、豚肉となすの味噌炒めに花かつおをかけて、食べようと思った瞬間。花かつおを吸い込んでしまい、誤嚥。
ヒラヒラの花かつおは、厄介です。気管に貼り付いて、咳がぶり返してしまった。
火曜日の仕事中、咳が止まらず、早退を勧められるくらい。
水曜日にも咳がひどかったので、抗生剤の点滴を受けるため、入院することになった。
金曜日に検査で、マイコプラズマが出て、その夜から違う抗生剤を点滴。咳が急激に少なくなり、改善した。
マイコプラズマ肺炎の症状は、しつこい咳。もしかすると7月最終週に感染していたのかもしれない。マイコプラズマはウィルスと細菌の中間の大きさの微生物とのこと。外側に膜がないので、ウィルスに効く抗生剤が効かないらしい。点滴の内容を変えてから、急激に咳が回復したのをみると、元々マイコプラズマの咳だったのかもしれない。
咳は良くなったのだが、昨日から膨満感がひどく、食べ物を受け付けなくなってしまった。
今日は食べていないのに、吐き気がひどく、胃液を戻してしまう。
更に入院してからの長い便秘。たぶんその二つが相まって、今の最低の体調になった。
看護師さんと相談して、便秘解消のために、浣腸を用意してもらった。で、浣腸をしようと思ったら、便意をもよおして、無事に排便。少しすっきり。
只今、相変わらずのムカつきと闘っています。
昨夜は、いたばしの花火大会を遠目に見たり、今朝はボルトのラストランを応援したりして、それなりに楽しんでいます。ただこの病院の食事がまずくて、たえられない。早く退院したいよう。20170806170916285.jpg20170806170856839.jpg20170806170957064.jpg
posted by いく at 17:10| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

57歳の卒業

DSC_0054.JPG
僕には長い間抱えていたキズがあった。大学中退である。
単位を落として、卒業が見込めなくなったとき、
内定が決まっていた会社に報告をしたら、
二部学生であったこともあり、仕事をしながら卒業を目指したらどうかと、勧められた。
条件は一つ、卒業できていないことを口外しないこと。
しかし営業という仕事は、そんな甘いものじゃなかった。
結局半年後、泣く泣く中退を選んだ。
そして僕の心の中に、後ろめたさとして残った。

35年越しで、法政大学を卒業。
一昨年から通信教育で目指していた。
学業から何年も離れていると、感覚が戻らない。
法律学科は文字通り、法律の勉強。用語も内容も難しかった。

学位授与式を、父母席から見ていると、
アリーナにいる学生たちが、輝いて見える。ピッカピカなのだ。
57歳最後の日の僕は、少しだけ気後れをしていた。
23歳の時に迎えていたら、どう感じていたのだろう。
式の最中、僕の心は卒業できた喜びと、
もっと若いときにできたのではないかという問いが交錯。
転職を考えるたびに、「中退」の二文字が僕を苦しめた。
ゲストの庄野真夜さんが祝辞で
「今日が一番若い」と言っていた。そうだ、今が一番若い。
心のわだかまりがスッとなくなり、素直に喜べる感覚になった。
校歌を歌っていたら、ウルウル。声が震え、歌えなくなった。

DSC_0070.JPGDSC_0073.JPGDSC_0079.JPG
翌3月25日は、58歳のバースデー。
横浜でユーミンのライブを見て、余韻に浸る予定が、
入金を忘れていたというポカ。
それでも怒りもせず、非難もせず、
隣にいてくれる相方の存在は、本当にありがたい。
ホテルから目の前の山下公園と氷川丸、そしてみなとみらいの景色を眺める。
横浜の街をテクテク歩いて、レナーズのマラサダや、象の鼻アイスを食べた。
そして夕飯は「蟹風船」で蟹三昧。
半身のズワイガニも堪能できたし、甘〜い蟹の刺身もいただいた。
蟹の和風グラタンは最高に旨かったなぁ。
大満足の一日。

あと10年生きられたら、父が天国に逝った年齢になる。
でもできれば20年は生きたいなぁ。
その間に何ができるか。もう一度考えてみよう。
新たな一歩が始まる。
DSC_0085.JPGDSC_0092.JPGDSC_0097.JPGDSC_0116.JPG
posted by いく at 04:50| Comment(0) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

全快宣言

IMG_20160621_183339.jpg
4月から6月までの別世界への旅は長かった。
自分でもただ生きているだけで、どうしたら抜け出せるのかもわからなかった。
生涯二度目の死相が出ていたかもしれない。
一度目は、HIV感染で結核に侵されていた頃。
苦悩している真っ只中の自画像を撮っておけば良かった。
このまま自分の命が終わってしまうかもしれない…って
思っていたくらいだから、そんなことは無理だったか…。

始めは不眠からだった。
ここ数年、ずっと悩まされていたから、自分でも不眠とレッテルを貼っていた。
しかしHIVの主治医に言われた一言で、心の中がすーっと晴れていった。
「佐藤さん、不眠じゃなくて、昼夜逆転だから…。不眠じゃないよ。ちゃんと寝てるでしょ。
寝むりたいとき眠れないし、寝てはいけない時に、気を失うほど寝ているよね」
立っているときに、膝がガクンと落ちたり、
椅子に座っていても、床に転がるくらいに崩れたり、
眠いという感覚すらなく、気を失っていた。
それは子供の頃の電池切れに近い状態だった。
寝不足の疲れを、気を失うくらい眠ることで、バランスを取っていた。
だから気持ちが切り替わったら、すぐに眠れるようになった。

もうひとつ悩んでいたのが味覚障害。何を食べても美味しいと感じなくなり、
ピークからは10kg、4月からでも5kgは、体重が落ちた。
自然な痩せ方だったり、コントロールされたダイエットと違い、
体力が落ちてしまったが、67kgはあるから、命に別状はない。

僕は果物が全般的に好きだ。
6月はサクランボの季節、何もかも美味しいと感じれなかった中で、
大粒の佐藤錦を、久しぶりに旨いと感じた。
「食事前でしょ」と相方にたしなめられて、
その隙間「アーモンド習慣」というキャンディを口にした。
カリカリと口の中で小さなブロックに割れていく食感がたまらなく好きで、
当時はこれしか美味しいと感じられなかったので、1日に1袋食べるほど。
そして直後に佐藤錦を口にした瞬間。
「うえっ」と激しい不味さを感じた。その不味さへのずれ方が、
ずっと僕が感じてた不味さそのものだった。
原因とわかって、すぐに自分で禁止令を出し、徐々に回復していった。

ひとつの選択ミスや、ひとつの食べ物を過剰に摂取していたことが、体調に影響した。
そして2ヶ月も苦しんた。
7月に入り、「全快宣言」をできるまでに回復した。
今は折角痩せて、理想体重に近いので、このまま維持しようと思っている。
顔色と気持ちの強さは戻ったので大丈夫、ご安心ください。

今はまっているのは「濃―いブルーベリー」。ただ食べ過ぎには注意しようと思う。
posted by いく at 02:44| Comment(2) | ぷらっといく。…日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする