2011年12月20日

映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

Railways2.jpgRailways2 三浦友和.jpgRailways2 夫婦.jpg

前作も見たのでとても楽しみにしていました。
タイトルは引き継いでいても、全く別の映画。前作より僕は好きです。

映画が始まった瞬間のタイトルが出るまでに、既にうるうるしていました。
雄大な景色に電車、そしてなんといってもNick Woodの音楽が素晴らしかった。
映像の中の人たちの心と上手くリンクしているので、何度も心を刺激されました。

三浦友和さん(浦島徹役)は若い頃、大ファンでした。
百恵ちゃんとの「潮騒」のポスターの褌姿でドキドキしたくちです。
一時太ってしまって、僕としては好きになれなかった時期があったけれど、
渋くなりましたねぇ。また制服姿が格好いい。
ただ役柄は、今では少なくなった典型的な会社人間。
余貴美子(浦島佐和子役)の夫婦生活に疲れた感じ…気持ちがよくわかりました。
男って…ってどうしてわからないんでしょうか。
夫婦のすれ違いの典型的なパターン。
勿論男には男の言い分があるんですけれど…。

娘役の小池栄子さんも流石でしたが、
僕が目を引いたのは、新人運転手・小田友彦役の中尾明慶君。
今時の青年役でしたが、最初の軽い感じから、
だんだんと成長していく姿を見ていて、心で応援していました。
そして米倉斉加利さんが可愛かった。こんなおじいちゃんになりたい。
笑顔って素敵ですね。

大きな山場があって、そのことで良い方向に展開するのかと思いきや…。
更にいくつかの仕掛けがありました。
そして夫婦とは…という問題を考えさせられる映画です。
見終わった後に、優しい気持ちになれる。
最近の日本映画の王道のような気もしますが、大好きです。
子供の頃のことや両親との思い出。
これからの生き方や老い方。
自分に照らし合わせて、感情移入してしまいました。
映画が終わった頃には、ハンカチが随分と湿ってました。

富山の風景が綺麗だった。
丁度今年、黒部ダムに行ったので、その風景を思い出していました。
心に爽やかな風が吹きました。

2011年11月28日

映画「ラブ&ドラッグ」

ラブ&ドラッグ2.jpgジェイク・ギレンホール(ジェイミー役)を見るために、
「ラブ&ドラッグ」を見に行ってきました。

「ミッション:8ミニッツ」の役柄とは全く違い、
映画の中でもチャラ男と表現されている役。
ラブ・コメディとうたっていますが、出来は下品なポルノ映画。
ジェイク・ギレンホールと
アン・ハサウェイ(マギー役)の裸を見るためなら価値ありです。
ふたりとも脱ぎっぷりや、濡れ場に根性が入っています。
ジェイクのお尻が丸見えだったり、アンの乳房が丸見えです。
SEXシーンも濃厚。何を見に行ってんだか…。

ラブ&ドラッグ.jpg僕は十分に楽しめましたけれど、ストーリーはいまいち。
ジェイク・ギレンホール(ジェイミー役)は
前職の上司の女を仕事場で寝とったことが原因で解雇。
次の仕事がファイザーのバイアグラのセールスという設定。
そしてアン・ハサウェイ(マギー役)と出会う。
マギーがパーキンソン氏病を患っている。
ふたりが過去を引きずっていて、恋愛が上手くいかない。
SEXはできるけれど、本当の恋愛ができないふたり。
その気持ちの掘り下げ方も、十分とは言えない。

それにしてもジェイクの筋肉の付き方や、胸毛や腹毛の生え方、大好き。
ただ「ミッション:8ミニッツ」の少し渋い役の方がいいな。
髭もあったので、凄くセクシーだし、
今回の髪型だと、ただの普通の人になっちゃう。

ただラストシーンはドキッとするくらい素敵でした。
自分の病気とマギーのパーキンソン氏病が重なる。
恋愛に病気は関係ないのだというメッセージは心を打ちます。
僕らはあんなにドラマティックな恋愛ではないけれど、
病気を受け入れることと受け入れられることの感覚は一緒。
ほろっとさせられました。
もう少し上品な恋愛にして欲しかったな。
下品なラブコメにしなくても良かったんじゃないの。
きちんと描けば、感動的な物語になったのに…。
大声で笑っている人がいたけれど、僕は失笑でした。

2011年11月25日

映画「ミッション:8ミニッツ(原題:Source Code)」

猿の惑星・創世記」とどちらを見ようか迷って、
口コミ評判が高かった「ミッション:8ミニッツ」を先日見てきました。

ミッション:8ミニッツ.pngSource Codeのポスター.jpg映画のシーン.jpg

冒頭の部分から、物語に引き込まれる感じで、
この先どうなるのだろうと思いながらわくわくして見ていました。
時間移動はしますが、出てくる人物が少なく、
ストーリーはわかりやすかったと思います。
でも僕は乗り替わっている人と乗り替わられている人の顔を
逆だと勘違いしていて、エンディングで少し混乱。
映画が終わった後に聞いたら、相方は意味をちゃんと理解してました。

パンフレットを読んで、僕が見終わった後の不全感が何故だかわかりました。
ダンカン・ジョーンズ監督が、脚本にはなかった解釈を加えたから…。
口コミではそこを評価する声もあったのだけれど、
中途半端で、僕にはしっくりと来なかった。
そこに話を持って行っても、原因が不明確なので、何だかなって思いました。

ジェイク・ギレンホール4.jpgところで「ミッション:8ミニッツ」を見ることに決めた理由は、
主演のジェイク・ギレンホール
(コルター・スティーブンス大尉役)がタイプだったから。
あの「ブロークバック・マウンテン」にゲイ役で出ていたとのこと。ブロークバック・マウンテン.jpg
DVDで見たのですが、あまり印象に残ってなく、
その時はタイプだなんて思わなかったんだけど…。
短髪、しかも短く刈った髭が僕の心をくすぐりました。
セクシーで可愛い。
パンフレットのお気に入り.JPGパンフレットにあるポートレートがお気に入り。
劇中の服が彼のダンディさを際立てている感じ。
ネットで調べたら、体も凄いのですね。鍛えている。
ますますファンになっちゃいました。
今度「プリンス・オブ・ペルシャ・時間の砂」を見てみなくちゃ。

ジェイク・ギレンホール1.jpgジェイク・ギレンホール2.jpgジェイク・ギレンホール3.jpg

映画の出来にはちょっとね…。
ジェイクが出ずっぱりだったので、別の意味で凄く楽しい映画でした。
エンディングの前までは、良かったし…。
でもダンカン・ジョーンズ監督は
「月に囚われた男」の評価が高そうなので、
是非DVDを借りて見たいと思っています。