2012年10月12日

「おにばば」復活!

IMG_2424.JPG隣の駅で、このお店を初めて見たときから、気にはなっていた。
「おにばば」という名前を、一度見たら忘れないが、
どんなお店だろうと思い、飛び込む勇気がなかなか出なかった。

数年後、その近くの病院に透析に通うようになる。
「おにばば」は目と鼻の先である。
一度、覗いてみたものの、満席状態で、一元の客が暖簾をくぐるわけにはいかなかった。
それから数か月たったある日、時間が遅かったこともあるが、空いていた。
大概5種類のメニューが並ぶ、魚料理が中心だ。
最初に頼んだものが、何だったかは覚えていないが、
とても美味で、感動したのを覚えている。
それから通い始めて、3年くらい。

8月の終わりに、「ママが手術のため、しばらくお休みなんです」と言われた。
大切な心のよりどころを失ったような気持になり、
「また是非お願いします」と言葉を残して、店を出た。
暑い日差しが、僕の肩にかかり、1か月か…と呟いた。

以前に何度も経験している、悪い予感。
少し休むだけと言っているけれど、結局は店をたたんでしまうことの多さ。
後から聞く、大病の知らせ…。
それからは、時折覗いてはいた。
でもあの日のまま止まったように張り紙が微動だにしない。

IMG_2321.JPG一昨日の朝、お店の前を通りがかったら、すでに暖簾がかかっていた。
準備中の文字を見て、心が躍った。あのランチがまた食べられる。
透析が終わって、花屋に向かい、ほんの気持ちの花束を作ってもらう。
「快気祝いです」と差し出したら、「まあ」と言いながら、とても喜んでくれた様子。
そして美味しいお魚料理を頂きました。味噌汁がまた、絶品なんですよ。
ただただ嬉しくて…。しあわせ。

以前遅い時間に、お店にNHKの取材が入っていたことがある。
「おにばば」の由来を尋ねていた。珍しくて一度で覚えてもらえる名前。
そう答えていたママ。おにばばではなく、心優しいママ。
心が優しいから、「おにばば」ってつけることができたのだろう。
本当だったら、怖いもの…。早く気付けばよかった。

2012年10月07日

プロ

高級な飲食店では、お客様を満足させるのは、当然だと思う。
でも地元のお手軽なお店でも、店主や店員さんの行動で、
プロだなぁと感じ、心が温まることがある。

いなり寿司.jpg帰宅が遅くなるので、マイカーで通勤することも多く、
朝、時間がないときは、近くの和菓子屋で、よくおいなりさんを2個買って食べる。
「あけぼの」という和菓子屋だが、店主とその奥さん、
とても気のいいふたりで、切り盛りをしている。
朝だから、その日の天気を何気なく話し、快く出かけるのである。
今朝お店に着くと、先客がなにやらたくさんの品を買って、お会計をしていた。
ショーウィンドウを覗いていると、どうやらおいなりさんはない様子。
少しがっかりしたが、毎度立ち寄っているので、そのまま帰るには忍びない。
「おやじさん、今日はおいなりさん、ないんだね」
「いや2個あるよ。全部って言われたけど、買いに来る人がいるから駄目だって断ったところ」
先客は、どうやらショーウィンドウの中のいなりを全て買おうと思った様子である。
お客の会計が済むと、奥にそっと2個だけ取り置きをしてくれていた。
それだけで1日が明るくなった。
毎日ではなくても、いつもの2個は押さえてくれる店主の心意気。プロだなと思った。

とり天丼 カレーだれ.jpg時折僕は、地元の「てんや」に足を運ぶ。
まあ手軽に天丼を頂けるので、重宝している。
チェーン店だから、実はサービスレベルはまちまちだ。
「温かいお茶にしますか、お水がいいですか」と尋ねられるのだが、
「温かいお茶と薬を飲みたいので、お水もください」と答える。
ある時、若い○下さんという店員さんが、
オーダーを確認した後、「温かいお茶とお水ですね」と言った。
勿論僕は、満面の笑みを浮かべ「ありがとう」と答えた。
次に○下さんがいたときも、全く同じ対応だった。
帰るとき、深々と頭を下げて、「そういう心遣いが嬉しい」と伝えた。
でも、とり天丼カレーだれは。途中で飽きてしまった。

お店は、商品の良さ自体も大切だけれど、
ちょっとした心遣いで、よりよく感じる。
今週から始まったNHKの朝のテレビ小説「純と愛」
ホテルを舞台に、話が進んでいる。
どんな展開になっていくかが楽しみである。
「旅館、ホテル」物と「航空関係」物。僕は大好きな設定である。
HDD付きブルーレイプレーヤーが手に入って、
録画ができるようになり、楽しみが増えた。

2011年08月14日

「ひみつ堂」

DSCN5095.JPGひみつのいちごミルク晩柑

TBS「ひるおび」だったと思う。
天然水の氷+生果汁で作ったシロップと聴いた瞬間に、絶対に行くと決めた。
日曜日の予定が急に開いたので、
真夏の暑さが戻っているが、谷中に出かけることにした。

2時間待ちと言われた時に、少し迷ったが、一応予約して、
谷中の街並みをぶらついた。
昭和と江戸の街並みが混在したのような谷中。
随分と活気があるな…と思った。
グルメリポーターや有名人が訪れた時の写真やサインがあちらこちらにある。

2時間待った甲斐があった。
カウンターに座って、僕は定番の「ひみつのいちごミルク」
相方は「日本のグレープフルーツ・晩柑」を頼んだ。
昔ながらのシャリシャリという手で回すかき氷機。
子供の頃、海の家でよく見たやつ。
山もりの日光の天然水の氷に、
自家製の手作りシロップをたっぷりとかけてくれる。
僕らの前に注文されたものを作るたびに期待が膨らむ。

柔らかくフワッとした氷で、口の中でスッと溶けてしまう。
「これ、これ」と心の中で、叫んだ。
いちごのつぶつぶを感じるシロップ、たっぷり重厚感のある練乳。
初めてかき氷でお腹がいっぱいになった。
もうこれ以上食べられないところまで…。

晩柑は珍しかったので頼んだが、
とても苦かった。そしてほんのり甘みが来る。新しい味。
いちごミルクよりサラッと食べられる。
かき氷で幸せ。
この一時だけで幸せになれる、そんな1品だった。
冷たいのに心があったかくなった。
今度はメロンとかスイカも食べたいな。
小倉あずきもいいな。