2011年10月28日

味の思い出B「駅弁」

旅に出ると、必ずといっていいほど、駅弁を楽しむ。
最近の駅弁は、とても質が高くなった。
思わず「旨い」と唸ることも多い。

駅弁と言えば、以前は駅のホームで売っていたし、買っていた。
まだ新幹線が全国を駆け巡る前の話。
あの当時は窓を開けられる電車だった。
今はその光景を懐かしく思う。
肩からぶら下げたあの懐かしい駅弁売りの姿。
停車中に売りに来ないと、その何分という時間で、
ホームにある売店までダッシュで走って、
ゆっくり選ぶ間もなく、適当に人数分買ったなんて思い出もある。
駅弁の味としては、今より美味しくはなかったけれど、
あの慌ただしさを僕は好きだったし、
その必死の思いが駅弁の味に伝わっていた気がする。

昨日は高崎に出かけたので、
帰りには駅弁を買ってこようという心づもりでいた。
横川が近いので、「峠の釜めし」にしようか、
はたまた「高崎だるま弁当」にしようか、考えていた。
高崎について下見をしたら、「SL61物語」という駅弁が…。
大人の中にある少年の心をくすぐられた。
帰りに寄ってみると、なんと「上州D51」もあるではないか。
共にお弁当箱と、C61とD51と書いている箸が付いてくる。
なんだかわくわくしてしまった。
C61とD51.JPG駅弁の中身.JPGぐんまちゃんも食べたいよ〜.JPGぐんまちゃん.JPG

群馬県のキャラクター、ぐんまちゃん。
可愛かったので、ついつい買ってしまう。

ところで東北で有名な駅弁の一つに、「どまんなか」があるが、
先日の山形行で、行きの大宮駅で美味しい駅弁を見つけた。
たぶん僕が食べた駅弁の中では、一番の旨さだった。
たごさくの「たごさく幕の内弁当」
機会があれば、是非ご賞味あれ。
たごさく幕の内弁当1.JPGたごさく幕の内弁当の中身.JPG
posted by いく at 01:25| Comment(0) | ぷらっと想う。…思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

味の思い出A「ビッグマック」

先日、テレビのCMにつられて、無性にビッグマックを食べたくなった。
「今だけ200円」につられたのである。

ビッグマックを一番食べていたのは、大学生の頃。
あのボリュームとサウザンアイランドドレッシングの
コンビネーションが好きだった。
あの頃はビッグマックだけでは足りなかったなぁ。

今回はランチに選んだので、
ビッグマックとチキンマックナゲットを頼む。
ソースはバーベキュー味。
ナゲットは昔と全く変わらない味。
最近では1枚肉で作ったシャカシャカチキンが安くて美味しいが、
チキンマックナゲットも変わらぬ味だった。

no-titleそして期待を込めて、バクっといったビッグマック。
なんだこりゃ、味がぼけている。
バンズがなんだかじめっとしていた。
作ってからの時間がたっていたのかなぁ。
200円だから適当なのかなぁ。
画像のようなふかふかお肉なら美味しいのだろう。
途中で止めようと思うほど不味かった。

学生時代の思い出は、一瞬で消えた。もう食べない。
腎臓が悪くなった時、パン系どうせあまり食べられないのなら、
モスバーガーだけにしよう!と誓っていたのに…。
美味しいものを少量だけと決めていたのに…。
後悔だけが残った。

そしてその日は仕事が休み。
自宅に戻ったら、何だか体の中から、いろいろなものが出たがった。
トイレに急行。
そうだった3〜4年前にエルシニアに感染した後から、
牛肉、牛乳を食べると即効だったのだ。
脂汗は出てくるし、吐き気こそなかったものの、辛い思いをした。
やっぱり若者の食べ物だった。
posted by いく at 00:26| Comment(0) | ぷらっと想う。…思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

味の思い出@「メロン」

DSCN5208.JPG

子供の頃、うちはとても貧乏だったので、贅沢はできなかった。
妹が生まれる前までは、一人っ子の時代。
両親から大切に育てられたし、当時僕は何の苦労も感じなかった。

おやつと言えば、母が作ってくれたものや、
夕飯前に「少しだけ」って夕飯のおかずをくれる母。
ただただ嬉しい瞬間だった。
だからデザートなんてものはまずなかった。

最初にメロンを食べた記憶は、
もう少し家計に余裕が出てきた頃、
とても贅沢をしている感じで出てきたのが、プリンスメロンだった。
たぶんその頃、庶民の間で流行っていたのだと思う。
もしかしたら僕が母におねだりをしたのかもしれない。
ネーミングは「皇太子(現在の天皇)のご成婚から」とのこと。
僕が生まれた年のご成婚なので、納得である。

プリンスメロンは、マスクメロンと違い、風貌がつるんとしていた。
それでも僕は十分満足していた気がする。
マスクメロンを始めて口にしたのは、たぶん誰かの結婚式。
その時に初めて、本物のメロンは旨いなぁと感じる。

ここ数年は、腎臓を壊していたため、カリウム値が高くなる。
カリウム値が高い果物系、特にメロンとバナナは避けるようになった。
大好きなものを食べられないのは、寂しい。
でもカリウム値が上がれば命がないと思うと、仕方なかったのである。

先日友人からメロンを安くわけて頂けるとのことで、
久しぶりに1回に4分の1個を食べる幸せを味わった。
赤肉メロンを食べられる幸せ。旨い。

山形出身の相方が、「メロンは食べない」と言っていたが、
(子供の頃から美味しいものを食べているので東京では食べない)
メロンの4分の1をちゃんとカットして、
食べやすくして出したら、「美味しい!」を連発して、
あっという間に食べ終わっていた。
やっぱりいつものように「面倒臭い」だけだった。
でも美味しいと言って食べてくれると、嬉しい限り。
メロン万歳!
posted by いく at 08:12| Comment(0) | ぷらっと想う。…思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする