2015年07月06日

ぷらっと聴く。雨の日のひとりごと〜八神純子  

150703 八神純子.JPG

2015年7月3日金曜日。東京は梅雨の雨の中。
ビルボード東京での1曲目。「サマー・イン・サマー」が
原曲より少しテンポを落として、大人の海に連れて行ってくれた。

デビュー曲「雨の日のひとりごと」大ヒット曲は「みずいろの雨」
野外ライブではいつも雨が降る。田園コロシアムもそうだった。
雨の似合うアーティスト、八神純子。デビューしたときから大好きだった。勿論今でも。

何年か前に日本での活動を復活させたその時も足を運んだが、
ビルボード東京でのライブ
「八神純子 with 後藤次利 “The Night Flight 2”feat. 松原正樹、村上“ポンタ”秀一、佐藤準」
凄い面々の最高のライブと期待が高まる。
病欠の松原さんに代わり、急遽参加した松野”Kay-Ta”啓太さんのギターで始まった
「想い出のスクリーン」で、なぜだか涙が零れた。
「ポーラースター」まで、あっという間に世界に引き込まれる
若い頃の伸びのある声は健在で、人生の年輪を重ねている。
演奏も素晴らしい。主張しすぎないそれぞれが心地よい。
松野さんも素晴らしかった。時にはカルロス・サンタナのようでもあるし、
リー・リトナーでもあり、ジョージ・ベンソンでもあった。

カバー曲も、ひとつひとつ丁寧に歌い上げてくれた。
「サマータイム」も「スムーズ・オペレーター」も素敵。

後半の「I’m A Women」「パープル・タウン」「みずいろの雨」でノックアウト。
そして後藤次利作曲のライブのタイトル「夜間飛行」のために
カーテンが開き、夜空に浮かんだ摩天楼が現れる。

♪幸せになるために たそがれの街を 心あふれ出す 
思い出 抱いて 離れていくのよ …

アンコール「ラブシュープリーム」「Mr.ブルー」の弾き語り。
夢のような時間が過ぎていく。
夜空に吸い込まれそうな感覚になる。

八神純子がアメリカに渡り、音沙汰の少ないときに、
僕はHIVに感染している。そして今、病気を持ちながらも、
大切は相方にめぐり逢い、日々を過ごしているが、
感染前の音楽に触れると、不思議と辛かった思い出が湧いてきたりする。
やはり心のどこかで後悔しているのかな。
でも、あの日があったから、今の幸せがある。だから嬉しい、優しい涙になる。
アカペラで「Smile」を歌ってくれた。
♪Smile その微笑みがあなたに降りそそぐ太陽になるから…
タグ:八神純子

2013年09月07日

ブルーノート東京25周年記念ライヴシリーズ「ジョージ・ベンソン」

ジョージベンソン.jpg

ブルーノート東京25周年記念ライヴシリーズとして、
大いなる期待感を抱いて、ジョージ・ベンソンを聴きに行った。

ライブの出来は、残念ながら、良くなかった。
ジョージ・ベンソンの凄さだけが目立った。
バンドの音が滅茶苦茶。ドラムスがパタパタと音がして、
祭りの太鼓じゃないんだから…。

でもその中で、ジョージ・ベンソンは、何食わぬ顔をして、
演奏して、歌う。寸分の狂いも見せずに…。
プロだなぁと感心した。
それにしてもスタッフ、何やってんだ。
MCの声がマイクで割れるのはないだろう。
音になっていないんだよ。
あの音響でやらせるのに、OKが出たんだよね。
僕でもOK出しません。

ギターの演奏は、凄かったけれど、
最初に涙腺を弱めてくれたのは、「In Your Eyes」
カナダのシンガーソングライター、ダン・ヒルの曲。
ジョージ・ベンソンがこの曲を歌っていることを知らなかったので、
イントロが来た段階で、え〜、やった!という感じだった。

もう1曲ボロボロになってしまった曲がある。
「Nothing's Gonna Change My Love For You」だ。
ハワイ出身のグレン・メディロスが歌唱して、1987年、全米で12位のヒット。
イントロが流れてくると同時に、あの頃の自分が戻ってくる。
僕の感染がわかる10年も前の曲。
まだまだ本当の自分が見つかってなく、
恋愛も高校生の延長線上のようなことをしていた。
どうも涙腺スイッチの在りかは、その頃にあるようだ。

残念だったのは、ホイットニー・ヒューストンがカバーして大ヒットした
「The Greatest Love Of All」を歌わなかったこと。
僕はジョージ・ベンソンのバージョンが大好きだったので、
天国に行ってしまった彼女のためにも歌って欲しかった。

すみだトリタニーホールって、やっぱりクラシック用なのか。
演奏力もそうだけれど、音が前に出てこない。
オブラートに包まれた感じ。ライブに行った意味がなかった。
次は、ビルボード東京かブルーノートで見たいな。

「セットリスト」
1. Weekend In LA
2. California PM
3. Being With You
4. Nature Boy
5. It's All In The Game
6. In Your Eyes
7 .Feel Like Making Love
8. Turn Your Love Around
9. Isses In The Moonlight
10.Nothing's Gonna Change My Love For You
11.Lady Love Me One More Time
12.At The Mambo Inn
13.This Masquerade
14.Give Me The NIght
15.Unfogettable
16.On Broadway


2013年08月02日

「クインシー・ジョーンズ80th Celebration」  

imageCASG7Q1J.jpgimageCAKGJQ4H.jpg

とにかく長かった。
19時に始まって、終わったのが23時過ぎ。
もう少し情報を調べて、参加するんだった。
ジェイムズ・イングラム2曲、
パティ・オースティン3曲じゃ、寂しいというか、もったいない。

オープニングでクインシーが出てきて、スタンディングオベーション。
クリス・ヘプラーのMCだけで、グッと来たのに…。

第1部のトリビュートパート。
日本人アーティストがクインシーにちなんだ曲を演奏。
絢香、小野リサ、BoA、JuJu、ゴスペラーズは持ち味を出していたけれど、
K、Verbal、三浦大知(ダンスは良かった)、小曽根真は、う〜ん。
オープニングのMIYAVI×沖仁×上妻宏光の演奏は格好良かった。
でもね、これだけで1時間半経過なの。

第2部は、いよいよと期待したら、
クインシーの秘蔵っ子たちが次から次へと…。
僕が苦手なのは、リズムが安定しなく、不協和音的音楽。
それとキラキラしすぎる光の攻撃にはめっぽう弱い。
前半にそれをダブルでやられたものだから、イライラが最高潮。
靴下まで脱いでしなうほど…。
「帰ろうか」って声をかけそうになっちゃった。
苦しんだけど、ジェイムズ・イングラム目当てで、頑張った。

パティ・オースティンが出てきてからは、さすが。
「愛のコリーダ」に続いて「セイ・ユー・ラブ・ミー」では松田聖子がサプライズ。
ジェイムズ・イングラム「ジャスト・ワンス」は、
最初から最後まで涙が止まりません。この1曲だけで許すよ。
パティとのデュエット「あまねく愛で」も感動したなぁ。
サイーダ・ギャレット「マン・イン・ザ・ミラー」も本物。
バンドの演奏を挟んで、
ラストは、全員で「ウィ・アー・ザ・ワールド」これは圧巻。
涙々…感動ものでした。

でもね、長すぎた。
クインシーとパティ、ジェイムズ、サイーダでフルにしてもらいたかった。
80歳のお祝いだから、許しますけど…。