2011年08月14日

恋のルール3「ひとり」

一人静.jpg
「一人静の花言葉:静謐(せいひつ)、隠された美」

恋愛が上手くいかない原因のひとつに、「ひとりではない」ことが上げられます。
「ひとり」はとても心細く、寂しいものです。

僕が本当の意味で、「ひとり」を経験したのは、
両親が他界した後で、失恋をした時でした。
寒い夜など、暗く冷たい部屋に帰って、灯りと暖房をつけ、
部屋が暖まるまでの心にしみる寒さ。37歳の時でした。
それまでは両親や妹たちが一緒に住んでいて、いつも後ろで支えてくれていました。
そのことにすら僕は気付かずに、のほほんと生きていたのです。
失恋をすれば辛くて落ち込んだりしていたのですが、
家族の後ろ盾があって、生きていたのだと思います。

誰かと一緒に住んでいること。
生きていく上では、とても大切なことだと思います。
別に恋人や夫婦や家族でなくても、
一緒に住んでいると家族なのです。勿論、ペットもそうです。
晩年、父をひとりぼっちにさせたことがあって、
少し経つと、テレビに話しかけるようになっていました。
あの時、本当は支えなければいけなかったと反省しています。

恋愛をするという観点だけで話すと、
親元や友人や別れたパートナーと一緒に住んでいると、
なかなか恋愛は上手くいかないものです。
「ひとり」になることをお勧めします。

もっとも僕はウェットな関係を恋人に望んでいるからで、
ドライな関係を望んでいる人は、そうとは言い切れないと思います。

「ひとり」は、自由で、開放感があって、
誰かのことも気にせず生きていけます。それはとても楽なのです。
だから「ひとり」に馴れてしまうと、これまた恋愛は上手くいきません。
「誰かいい人いないかなぁ?」と言ってくる人の中に、
僕から見ると、あまり恋愛に困ってないように見える人がいます。
「ひとり」で十分に幸せな人たち。それでも良いのです。

恋愛は、自分がどう生きたいかによって、感じ方が違うので、
相手との距離感や価値観は、人の数ほどあると思っています。
その中で、自分の考え方とぴったり合った人が見つかるかどうかなのです。
でもそのぴったりを見つけるまでは、
ぴったりでない人とも恋愛をすることも勉強になります。
何が違うのかがはっきりとみえてくるからです。
「恋愛すること」と「愛の育てること」は違うので、いつかそのことも書けたらと思っています。
posted by いく at 10:26| Comment(0) | 恋のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

恋のルール2「失恋直後」

ダリア.jpg
「ダリアの花言葉:移り気、不安定」

失恋直後、あるいは失恋が進んでいる状況では、
十分な注意が必要です。
先ず自分自身の心が不安定になっている時期で、
何となく不安だったり、寂しくなったりして、
優しさや温もりが目の前に来ると、
簡単に気持ちが動いてしまうからです。
相談に乗ってくれたり、話を聞いてくれた人が、
助けたいという気持ちで優しくしてくれているのか、
本当に自分のことが好きなのかを見極める必要があります。
失恋の状況で優しい声をかけられても、
そのことと新しい恋愛を結び付けるのは、慎重にしてください。
付き合ってみたら、こんな人ではなかったと思うことがあります。

相手から見ると、心が弱っている時には、その人があなたに近づくチャンス。
と同時に、弱いところを見せてくれると、
本当は自分のことを好きなのでは?頼られてる?って思いがちです。
勿論、本当に愛してくれ、あなたを支えてくれる人の場合もありますので、
しっかりと見極める必要があるのです。

ある意味、失恋中、失恋直後は、
自分の価値がいつもより少し増しているということを自覚してください。
その時期に知り合うと、お互いに相手を少し+評価をしているのです。
「失恋注意」です。

自分の心が別れた人からきちんと離れてから、
次の恋愛を始めないと、結果として失敗に繋がることが多いです。
僕はひとりが苦手ですので、
この失敗を繰り返してきました。
そして本当に僕にとって大切な人に巡り逢えたのは、
「もう恋なんてしない」って恋愛を諦めた時でした。

しっかりとした恋愛をして、しっかり失恋をすることです。
その先に素敵な出会いがあります。
posted by いく at 10:19| Comment(0) | 恋のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

恋のルール1「失恋のすすめ」

白チューリップ.jpg
「白いチューリップの花言葉:失恋」

恋のルールで、いきなりですが、失恋をきちんとすることです。
自分の経験でも、他の人の話を聞いていても、
前の恋愛が終わっていないと、
次の恋愛が中途半端になることが多いように思います。
失恋すらしないで次の恋愛に移ることも勧められません。
要するに二股をかけるということですね。
誰かに繋がったまま、新しい相手を探すことは、
寂しさが少なく、合理的に見えますが、
僕の経験から言うと、自分をごまかすことに繋がってしまうから良くないのです。

失恋はとても辛い作業になります。
暫くは立ちあげれない時もあるでしょう。
もう二度と恋愛ができなのではないか…とか、
自分は人間的にダメなのではないか…とか、
逆に相手が悪いのだ…とか、運が悪いのだ…とか、
相手のことが大好きなのに、別れを告げられた時は、
その気持ちのやり場に困ってしまこともあると思います。

別れて落ち込んでいる人から相談を受けた時に、
仮にその直前まではふたりのことを応援していても、
僕は「別れて良かったんじゃない」と話すことが多いです。
その一時、一瞬から見れば、とても辛いことだけれども、
一生という観点から見れば、新たなスタートの時だからです。

失恋は人を大きくします。成長させてくれるのです。
失恋から学ぶことはとても多いのです。
ただそれは自分が失恋にどう立ち向かうかで決まってきます。
少し気持ちが落ち着いたら、自分の中での冷静な分析も必要です。

失恋してもあまり感情を表に出さない人がいますが、
僕は思いっきり泣くことを勧めます。
それは悲しくても、寂しくても、辛くても、悔しくても、
どんな形でも良いのですが、
泣くことで気持ちが切り替わることが多いからです。
怒ることも良いかもしれません。
ただ経験上、相手を憎んだり、怨むのは一時的にしてください。
誰かを憎んだり怨んでいると、幸せはやってきませんから…。
とにかく自分の気持ちが、別れた人に残らないこと。
別れた人に残さないことです。
区切りがつくまで失恋と一緒にいましょう。
それが明日に繋がることなのだから…。
そしていつかその気持ちから、抜け出せれば良いのです。
ラベル:失恋
posted by いく at 23:51| Comment(0) | 恋のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする