2011年08月11日

恋のルール〜序章〜

朝日.jpg

ブログを開設した時から、
「いくちゃんが書く『恋のルール』を早く読みたい」と言う声があった。
僕は「こいばな」が大好き。
誰と会っても、「最近どう?いい話ある?」なんて聞いている。
みんなの幸せな顔を見たいからである。
勿論パートナーがいることだけが幸せでなはいと思う。
本当は自分がどう生きるかが、幸せに繋がっている。

でも僕は、ひとりでは生きていけない人間なので、
やっぱり恋がしたいし、愛を持ち続けたい。

「恋愛の達人」なんて嘯いているが、
本当は「失恋の達人」だったのかもしれない。
どれだけの人たちに断られたのか、振られたのか、
到底数えきれることはできない。

今は、最愛の相方に出会えた。
その実績ひとつで、自信が芽生えたのである。
そして同時に、本当はどう考えれば良かったかに気付いた。
「恋のルール」ではそのことを書いていきたいと思う。
自分の経験からわかったこともあれば、
誰かと「こいばな」していて見つけたこともある。
ゲイ、ストレートなど、
いろいろなセクシュアリティの方々とのことが含まれる。

若い頃は漠然と「もてたらいいなぁ」と思っていた。
そしてがむしゃらに恋愛を探した。
ひとつ見つけては、もっと素敵な恋があるのかもしれない…と思っていた。
そういう考え方が、結果としては付き合っている相手から目を背け、
自分勝手な恋愛を続ける根本になったと思っている。
それは決して実りのあることではなかった。
今の相方との愛が深まっていくことで、やっとそのことに気付けた。

幸せな恋愛を見つけよう。
そのヒントを一緒に探していきたい。
乞うご期待。
posted by いく at 00:53| Comment(0) | 恋のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする