2017年05月08日

「故郷を帰れる街にしたい」東京レインボーパレード

DSC_0313.JPGDSC_0319.JPG
「故郷を帰れる街にしたい」青森の友人、翔子さんの言葉である。
先月、青森のレインボーパレードを歩いたとき、東京のそれとは違う緊迫感を感じた。
表に出るということは、批判や攻撃も全部引き受けることになる。
想像を超える批判や攻撃が押し寄せ、潰されそうになることもある。
地方はその圧力が強い。だからこそのメッセージ。
そのメッセージが消されてしまった。
(詳しくは公式HPで。http://tokyorainbowpride.com/news/notice/4177

東京レインボーパレードの共同代表も友人で、このままにしておけなかった。
この出来事をお互いの活動にとって一番良い形にするには、どうしたら良いか。
僕の答えは、そのプラカードを持って、東京のパレードを歩くということ。
そこで翔子さんの意向を聞いて、持って歩くことを提案した。
結果として、僕らに託してもらうことになった。
僕らと同じように考えていた人は、大勢いて、
「故郷を帰れる街にしたい」のプラカードをいくつも見かけた。
プラカードを見て、「青森の?」「翔子さんの?」と声をかけてくれたり、
記念撮影をして、翔子さんに送りたいという人たちが多かったこと…。
メディアの人たちにもこの言葉は響いたようだった。
https://mainichi.jp/articles/20170507/k00/00e/040/184000c

4番目「LGBTの家族と友人をつなぐ会」のフロートを歩いた。
沿道からもいっぱいの応援をもらったが、
一緒に歩いている人たちにも青森の思いを伝えたかった。
23番目のフロートが到着するまで、GOALでプラカードを持って迎えることにする。
何人の人たちとハイタッチをしただろう。こんな経験は初めてだった。
自分たちのために歩くことも大切だが、
こうして誰かの思いを抱きながら歩くことって、もっと大切なのかもしれない。
パレードに参加できない人たちや、
当事者でもパレードに反対の人たちもいる。
故郷で生きづらく、都市に出てきている人たちもいる。
故郷を出ることができない環境で、辛い思いを抱えている人たちもいる。
東京に住んでいたって、本当に自分らしく生きられていない人たちもいる。
その人たちも含めて、生きやすい社会を目指さなければ、パレードの存在意義は薄れる。
そうでなければ、LGBTはブームで終わるだろう。

東京のパレードは、東京の人たちためだけのものではない。
そのニュースは、全国、いや全世界に届いている。
だからこそ故郷がある人にとっても、東京が故郷の人にとっても、
「故郷を帰れる街にしたい」は大切なメッセージだったのではないか。
このプラカードを見て、涙が止まらなかった人がいたと聞いた。
そう感じてくれた人が一人でもいたことは、歩いた甲斐があった。

しかし未だに「故郷を帰れる街にしたい」が外された意味がわからない。
ひとつだけ外すということはあってはならないことだと、僕は思う。

(企業の参加も多かった。「RENT」でお世話になっているシアタークリエの小嶋さんと)
DSC_0314.JPGDSC_0337.JPG
posted by いく at 04:02| Comment(0) | ぷらっと呟く。…つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

NHKのブログ更新しました。

今年もあっという間に、大みそか。
自分のブログを書くことが少なくなってしまい、
来年はもう少し、いろいろと発信できるようにしますね。

11月に行われた高校のクラス会、NHKにUPしましたので、
是非お読みください。
http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/puratto/post_839.html
posted by いく at 01:21| Comment(0) | ぷらっと呟く。…つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

+@ 隠れるという選択

11187437_831943853550990_4362924184070717029_o.jpg

いよいよ東京レインボーウィークが始まった。
昨年よりさらに盛り上がっている感じがする。
渋谷区でパートナーシップ条例が採択されたからだと思う。

この動きを良いとは思っていない人たちもいるだろう。
セクシュアリティがLGBTQではない人たちだけでなく、
同じ立場の人たちの中にも反対意見がある。
今までは、誹謗中傷や揶揄されるとき以外に
話題になることや議論されることが少なかった。
あらゆる意見が飛び交っている今は、大切な時なのだと僕は思う。

先頭に立つ人たちへいろいろな声があるようである。
東京のパレードは、そうした声に潰れてしまった経験をしてきた。
万人が納得のいく形になることは、ないのだから、
今の形を続けていくことを応援しようと思う。
そしていつか多くのLGBTQの人たちが、笑顔になる環境になることを望んでいる。

「AIDS IS NOT OVER」のシンポジウムに出た。
他の出演者の話を聞いているうちに、病気のことを隠して生きていた時代が
僕にもあったことを思い出していた。
1997年に感染がわかった頃のゲイバーでの話。
あるお店に暗がりがあり、僕はその向かい側のお店によく飲みに行っていた。
当時はマスターにもお客さんにも、
感染している事実を全く話していなかった。
排除されることが怖かったのである。
そして向かいのお店から流れてきたお客が、
開口一番「エイズ持ちが来てもらっては困るんだよな」と
マスターに他店での不満を訴えてきた。
「怖くて、おちおち遊んでいられない」と言うのだ。
あの時の僕は、ただただ怯えていた。ひっそりと、わからぬように。
そして何の抗議もしなかった。
何も言わなかったのだから、その言葉を暗に認めたことになる。
でも正直、勇気がなかった。

18年たって、僕はHIV陽性で、エイズを発症していたと、人前で話すようになった。
その背中を押してくれたのは、一向に変化が見られない、社会の受け入れだった、。
パートナーの条例が認められることも、
年々拡がっていくLGBTQの人たちの笑顔とアライの人たちの存在も、
HIVの治療がこんなにも進んで、生き延びられることも、
多くのHIV陽性者が自分の会社や身の回りで病気のことを伝えていることも…。
だから今は叶っていないことでも、
続けていれば、形になるのかもしれないと思っている。
誰にも話せないで、ひっそりと生活している人が大勢いる。
だからこそHIV陽性者として存在して、一緒に生きていることを感じてもらおうと思っている。
posted by いく at 03:23| Comment(0) | ぷらっと呟く。…つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする